人気ブログランキング |

沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2019年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

シロスジメダカハンミョウ
シロスジメダカハンミョウ_b0192746_09175278.jpg
シロスジメダカハンミョウ_b0192746_09204314.jpg
沖縄県国頭村 2019年5月

やんばるの山奥にある沢沿いの林道を歩いていると、シダの上にひょこっと乗ったシロスジメダカハンミョウに出会いました。体は薄紫がかった黒色に眼が大きく張り出した姿をしています。多くの種が地表で生活するハンミョウ類で本種はシダの葉などを生活の場としています。大きさは小さく、9mmほど。よく飛びますが、その大きさからか、慣れないと遠目にはハエが飛んでいるようにしか見えません。サイズ的によく似た種にオキナワヒメハンミョウというものがいて、こちらは主に地表で生活しますが、時折シダの上に乗っていることがありますが、こちらは緑色の金属光沢を帯びた羽に金色の斑点があり、眼は銀色をしているのでその点をよく観察すれば見分けることが出来ます。

< 撮影機材:OLYMPUS OM-D E- M1/M.ZUIKO DIGITAL ED60mm F2.8 Macro/STF-8 Twinflash >


by kumaken0820K | 2019-09-06 09:33 | 昆虫類
オキナワヒゲコメツキ♀
オキナワヒゲコメツキ♀_b0192746_08431520.jpg
沖縄県国頭村 2019年5月

今年は2月から数多く目撃していたオキナワヒゲコメツキ。なんと5月になってもその姿を見ることが出来ました。おそらく僕が知る中では長期にわたって発生していたと思います。写真は触角が枝分かれしないメス個体で、オスは発生のピークを終えていたのか、林内、街灯を見回っても全く確認できませんでした。

< 撮影機材:OLYMPUS OM-D E- M1 Mk-Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL ED60mm F2.8 Macro/STF-8 Twinflash >


by kumaken0820K | 2019-09-06 08:51 | 昆虫類
オオミドリサルハムシ
オオミドリサルハムシ_b0192746_08254509.jpg
沖縄県大宜味村 2019年5月

沖縄島に生息するハムシ科では大型種のオオミドリサルハムシ。体長は9mmで、甲虫類全体で見るとだいぶ小さいのですが、故郷神奈川県にいた頃から様々なハムシ科昆虫を見てきたものにとってはその姿はコガネムシの仲間と見紛うほどとても大きく見ごたえのあるものでした。

< 撮影機材:OLYMPUS OM-D E- M1 Mk-Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL ED60mm F2.8 Macro/STF-8 Twinflash >




by kumaken0820K | 2019-09-06 08:34 | 昆虫類
アカマタの幼蛇
アカマタの幼蛇_b0192746_01080066.jpg

アカマタの幼蛇_b0192746_01082423.jpg
沖縄県名護市 2019年5月

知人と夜間に植物を探していたところ出くわしたアカマタの幼蛇です。この織物のように鮮やかな体色も成長とともに黒ずみ、色あせてしまいます。本種は沖縄島をはじめ中琉球の島々では普通に見れる爬虫類のひとつですが、沖縄島で特に名護市、本部半島では数が少なく、探そうとして出会えるヘビではありません。その背景にはこの地域に蔓延る外来種マングースがアカマタをはじめとする爬虫類を駆逐しているからではないかと思っていましたが、タイワンハブは爆発的に増えているので、その仮説は翻されつつあります。だとすればいったい何が沖縄在来の爬虫類を名護市周辺地域から追いやっているのでしょうか。

<撮影機材:OLYMPUS OM-D E- M1 Mk-Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO/STF-8 Twinflash+FL-300R>



by kumaken0820K | 2019-09-06 01:18 | 爬虫類
クサキリモドキの幼虫
クサキリモドキの幼虫_b0192746_00520433.jpg
クサキリモドキの幼虫_b0192746_00522164.jpg
沖縄県国頭村 2019年5月

クサキリモドキは葉っぱに化ける昆虫では国内トップクラスではないかと思います。今回はその幼虫に伐採地に生えた低木で出会いました。成虫の巧妙な擬態と比べるとそこは幼虫だからか、あまり上手に葉に化けているようには見えませんでした。そういえばこの虫、この10年で沖縄島をはじめ、琉球列島の各離島で見てきていますが、全て産卵管の付いたメスでオスの個体を全く見たことがありませんでした。ひょっとしてメスだけの単為生殖でもしているのでしょうか。

<撮影機材:OLYMPUS OM-D E- M1 Mk-Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL ED60mm F2.8 Macro/STF-8 Twinflash >


by kumaken0820K | 2019-09-06 01:00 | 昆虫類
オキナワモリバッタ 
オキナワモリバッタ _b0192746_18493759.jpg
オキナワモリバッタ _b0192746_19044718.jpg


沖縄県国頭村 2019年5月

沖縄では普通に見られる昆虫の一つですが、この系統のバッタは国内では琉球列島(奄美大島以南)のみに分布し、本土では見ることが出来ません。10年にわたる沖縄生活で当たり前に見てきた虫が日本のどこにでもいるわけではないことに少し考えさせられたのでした。

<撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL ED60mm F2.8 Macro/STF-8 Twinflash>





by kumaken0820K | 2019-09-04 18:59 | 昆虫類
オオクビカクシゴミムシダマシ
オオクビカクシゴミムシダマシ_b0192746_23434432.jpg
沖縄県大宜味村 2019年5月

オオクビカクシゴミムシダマシを含むクビカクシゴミムシダマシ類は形態が多様性に富むゴミムシダマシ科の昆虫の中でも羽を使って飛ぶことはできるものの、普段は枯れ枝や葉の柄の部分にしがみついてほぼじっとして動かず、見た目的にも、生態的にもかなり地味な気がします。和名のとおり頭部が前胸のくぼみにすっぽりと入れ込むことができるわけですが、その容姿は首が無いように見え、アメリカのサスペンスホラー映画スリーピーホロウに出てくる悪霊「首無し騎士」にどこか似ているように思えてなりません。因みに本種の大きさは10mmほど。小豆ほどのサイズなので、暗い場所だと目立たず、見逃しがちです。

<撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL ED60mm F2.8 Macro/STF-8 Twinflash>


by kumaken0820K | 2019-09-03 23:52 | 昆虫類
アカギカメムシの小集団
アカギカメムシの小集団_b0192746_23214516.jpg

アカギカメムシの小集団_b0192746_23193634.jpg
沖縄県国頭村 2019年5月

アカギカメムシはここ5年程で数を増してきたように思います。私の探し方が下手だったというのもあるかもしれませんが、10年前に沖縄へ移住してしばらくはやんばるのどこの林道を走り回ってもほとんど見つけることが出来きず、大体は沖縄島以外の離島で撮影していたものでした。カメムシの仲間では最大級でそこそこに重厚感もあり中々カッコイイ昆虫ではあるのですが、沖縄島北部のどこへ行っても見られる今となっては気が向いたときにしか撮影しなくなりました。

<撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL ED60mm F2.8 Macro/STF-8 Twinflash>



by kumaken0820K | 2019-09-03 23:34 | 昆虫類