沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
クロヨシノボリの威嚇
at 2018-12-04 20:59
ナンヨウボウズハゼ 
at 2018-12-01 00:26
ミゾレヌマエビ 沖縄島産
at 2018-11-30 23:14
ヒラテテナガエビ
at 2018-11-27 22:40
ゴクラクハゼ 沖縄島産
at 2018-11-26 21:57
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ゴマフエダイ
b0192746_22072707.jpg
b0192746_22075089.jpg
b0192746_22331956.jpg
b0192746_22364413.jpg



幼魚

沖縄県名護市 2018年11月

沖縄も秋が深まり、晴れの日でも人里を離れると肌寒く感じます。そんな季節とはお構いなしに今日は3回目となる沖縄の河川での寒中水中撮影を慣行。(終盤で私はギブアップ)今回も水中写真の先輩 知人のM田さんに、いろいろなポイントを案内して頂き、ハゼを筆頭に様々な淡水の生き物に出会えました。その中で一番の成果だったのは下流域で出会ったゴマフエダイでした。沖縄の方言ではカースビーと呼ばれ、決して珍しい魚ではないのですが、海から河川へ侵入してくるフェダイ科の魚の中で、本種は純淡水域にまで侵入できるそうです。若い個体ほど、体にはっきりした縞模様が入り、幼魚では特にはっきりしていて中々お洒落な魚です。最初は動きから見ても中々手強そうな相手だと思っていましたが、慣れてくると向うの方から様子を伺いに寄って来たりと、厳つい見た目に反して愛嬌がありました。

撮影機材:OLYMOPUS OM-D EM-5+PT-EP08/M.ZUIKO DIGITAL ED12-50mm F3.5-6.3/UFL-3水中ストロボ

[PR]

by kumaken0820K | 2018-11-10 22:22 | 魚類
<< ユゴイとオオグチユゴイ オキナワスジシロカミキリ 2018 >>