沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
クロヨシノボリ 
at 2018-11-15 22:21
ユゴイとオオグチユゴイ
at 2018-11-10 23:03
ゴマフエダイ
at 2018-11-10 22:22
オキナワスジシロカミキリ 2..
at 2018-11-05 19:41
ウスモンナギサスズ
at 2018-11-01 17:35
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リュウキュウカネタタキ
b0192746_14410444.jpg
オス
b0192746_14411990.jpg
メス

沖縄県くに国頭村 2018年10月

今回の撮影目標は山原に生息する直翅目昆虫(バッタ、鳴く虫)の撮影でしたが、その第一目標に掲げていたのは本土でもお馴染みのカネタタキでした。この類は今までわざわざ探そうと思った試しがなく、偶然に見つけたというシチュエーションが多かったのですが、実際に鳴き声を頼りに探すと、サイズの小さい虫だけに中々難しいものでした。写真のリュウキュウカネタタキは鳴き声を頼りに海岸林を45分程歩き回り、やっと見つけることができました。実は撮影時カネタタキだと勘違いしていた種で、自宅に帰るまで気付かず、本種だと判明したとたん、がっかりしました。リュウキュウカネタタキを知らなかったわけではなかったのですが、これまで新成虫ばかり見ていたので、時間が経つにつれて本種の特徴である尾部の突起の模様が消えたり、腹部の鱗片が剥げてカネタタキに近い色合いになるのを知らず、完全に勘違いしてしまっていたのです。誤同定はよくあることですが、自分の中で最近多い傾向にあるようなので気を付けたいところです。というわけでカネタタキの写真は仕切り直しです。


b0192746_14440770.jpg

求愛中のオス


< 撮影機材:OLYMOPUS OM-D EM-1 Mk-Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL F2.8  Macro/STF-8 Twinflash >






[PR]

by kumaken0820K | 2018-11-01 14:43 | 昆虫類
<< ウスモンナギサスズ イワカワシジミ >>