沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
クロヨシノボリの威嚇
at 2018-12-04 20:59
ナンヨウボウズハゼ 
at 2018-12-01 00:26
ミゾレヌマエビ 沖縄島産
at 2018-11-30 23:14
ヒラテテナガエビ
at 2018-11-27 22:40
ゴクラクハゼ 沖縄島産
at 2018-11-26 21:57
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タメトモハゼ
b0192746_21410713.jpg
b0192746_21412670.jpg
沖縄県名護市 2018年10月

沖縄も10月後半に差し掛かり、朝晩が半そででは肌寒い季節になってきました。南国沖縄と言えども水泳とは無縁な季節になってくるわけですが、この日は知人の方の案内で名護市内の某河川へ水中写真を撮りに出かけました。実は今回で水中撮影2回目。今回もストロボ機材をほとんど使いこなせず、悪戦苦闘しましたが、お陰様で沖縄の珍しい川魚達を間近にみることができ、また機材のいろいろなノウハウが身に付いたので有意義な1日でした。写真はこの日撮影した魚のうち一番大きかったタメトモハゼ。水色の体に虹色の模様が美しい魚で、本来は中層を漂っているので遠目にはボラに見えることもあります。環境省では絶滅危惧ⅠB類にしていされているようです。

撮影機材:OLYMOPUS OM-D EM-5/M.ZUIKO DIGITAL ED12-50mm F3.5-6.3 /PT-EP08(水中ハウジング)+UFL-3 

[PR]

by kumaken0820K | 2018-10-28 21:57 | 魚類
<< ルリボウズハゼ 海浜性の昆虫 ハマコオロギ  >>