沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
クロヨシノボリの威嚇
at 2018-12-04 20:59
ナンヨウボウズハゼ 
at 2018-12-01 00:26
ミゾレヌマエビ 沖縄島産
at 2018-11-30 23:14
ヒラテテナガエビ
at 2018-11-27 22:40
ゴクラクハゼ 沖縄島産
at 2018-11-26 21:57
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
海浜性の昆虫 ハマコオロギ 
b0192746_22445276.jpg
オス

b0192746_22452316.jpg
メス

b0192746_22455252.jpg
沖縄県東村 2018年10月

沖縄移住当初からいつかは撮影したいと思っていた海浜性の昆虫ハマコオロギ。和名の通り海岸に生息する広義のコオロギの仲間です。成虫になっても羽は持たず、幼虫、成虫かどうかを判断するのは♂は大きさ、♀は産卵管の伸長具合で見ていますが、これは個人的な見方なので正確ではないかもしれません。本種は満潮時に波打ち際になる潮上帯という特殊な環境にいて、角の丸い砂利や転石などが程よく分布している海辺環境でないと観察が難しい昆虫です。今年は図鑑などの情報を頼りにとある海岸線に沿って数か所の浜へ降りてみたところ、10匹前後見つけることができましたが、場所によっては似たような地形の海岸でも浜辺の条件が悪いのか全く見られない場所もありました。また生息地によっては南の海岸ほど成熟したものが多く、北では幼虫しか出ない海岸もあり、興味深いものでした。
現行の図鑑では本種は奄美諸島、沖縄島固有種のようですが、台湾の研究者によれば台湾の沿岸にも本種と同種かもしれない個体群が存在するようです。

撮影機材:

1枚目;OLYMOPUS OM-D EM-1 Mk-Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL ED60mm Macro F2.8/STF-8 Twinflash
2枚目;OLYMOPUS OM-D EM-1 Mk-Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL ED714-42mm F3.5 -5.6+Fit魚露目8号/FL-36R



[PR]

by kumaken0820K | 2018-10-25 23:03 | 昆虫類
<< タメトモハゼ オキナワキノボリトカゲ >>