沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
クロヨシノボリの威嚇
at 2018-12-04 20:59
ナンヨウボウズハゼ 
at 2018-12-01 00:26
ミゾレヌマエビ 沖縄島産
at 2018-11-30 23:14
ヒラテテナガエビ
at 2018-11-27 22:40
ゴクラクハゼ 沖縄島産
at 2018-11-26 21:57
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ゴミムシダマシ類
b0192746_23235192.jpg
オキナワクロツヤキマワリ 沖縄島北部固有種
b0192746_23242393.jpg
コミツノゴミムシダマシ♂ 沖縄島固有種
b0192746_23244202.jpg
アマミヨツボシゴミムシダマシ 
b0192746_23250124.jpg
リュウキュウズビロキマワリモドキ
b0192746_23434430.jpg
ハラアカチビキマワリモドキ



b0192746_23260589.jpg
オキナワクロオオクチキムシ 
b0192746_23410545.jpg
ムラサキツヤニジゴミムシダマシ
b0192746_23283894.jpg
ミナミクロホシテントウダマシ

沖縄県国頭村 2018年10月

前記事にもあるとおりですが秋の夜間撮影の第一目標はヤンバルテナガコガネでした。しかしせっかく山原の森に来ているので、それだけを探しているだけではもったいないと思い、そのほかの雑虫(というのは失礼?)も目に止まったものを片っ端から撮影するようにしました。その中でもゴミムシダマシ科の昆虫は特に興味を引く存在で、その様々な形態や羽が退化しているものが多い理由からか島ごとに固有種となっているものも多く、最近になって分類が見直されるなどなど飽きない話題満載の昆虫です。そしてゴミムシダマシ 略称「ゴミダマ」の同定をきちんとできるようにむし社が出版している「日本産ゴミムシダマシ大図鑑」まで購入してしまいました。
これのおかげで同定もサクサク進み、すでに撮影写真フォルダーに20種近くを今秋にラインナップに新規で追加しています。沖縄に移り住んで9年間、これまでに幾度となく山原に通っていましたが、この面白い虫の存在を気にも留めていなかったことに少々後悔しました。ゴミムシダマシ科は沖縄島では周年活動する種類が多いそうなので、年内にまだまだ種数を追加していくことでしょう。

撮影機材:OLYMOPUS OM-D EM-1/M.ZUIKO DIGITAL ED60mm Macro F2.8/STF-8 Twinflash





[PR]

by kumaken0820K | 2018-10-19 00:02 | 昆虫類
<< 水中撮影に挑む オキナワマルバネクワガタ 2018 >>