沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ヨツモンミゾアシノミハムシ
b0192746_08525088.jpg
b0192746_08531061.jpg
沖縄県石垣島 2018年3月

ヨツモンミゾアシノミハムシは国内では石垣島・西表島、海外では台湾に生息するハムシの仲間です。これまでの八重山遠征でよく出会った昆虫の一つですが、サイズの小さな虫は撮影に時間を取るので、よほど珍しいものでなければスルーしていました。そんなことばかりしていたので、本種の写真はあまりいい歩留まりのものがなく、今回の石垣滞在の初日はずっとこればかり撮影していました。このヨツモンミゾアシノミハムシを含めノミハムシの和名の由来はノミみたいに小さいからではなく、発達した後ろ脚を使ってノミのように力強く飛び跳ねることに由来します。ただ本種は皆鈍感なようで、他のノミハムシならとっくに跳んで逃げられる位置までレンズを近づけても微動だにしませんでした。明らかに捕食者に狙われそうな場所にいますが、奇抜な模様は体液に毒液を備えているという証なのでしょうか。そういえばどこかで見たカラーかと思えばパトカーと同じ配色ですね。

使用機材:OLYMPUS OM-D EM-1/SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG+MMF-3 Mountadapter /STF-8 Twinflash

[PR]

by kumaken0820K | 2018-04-12 09:07 | 昆虫類
<< ケブカアカチャコガネ  サキシママドボタル >>