沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
クロヨシノボリ 
at 2018-11-15 22:21
ユゴイとオオグチユゴイ
at 2018-11-10 23:03
ゴマフエダイ
at 2018-11-10 22:22
オキナワスジシロカミキリ 2..
at 2018-11-05 19:41
ウスモンナギサスズ
at 2018-11-01 17:35
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ヤエヤマサナエ 石垣島産
b0192746_14561448.jpg
沖縄県石垣島 2018年3月

現地入り当日からタイミング悪く降りて来た寒気に悩まされながら迎えた石垣島滞在最終日。肌寒い風に身震いしながらとある林道で昆虫を探していると、思いがけない昆虫に出会いました。サナエトンボ科のヤエヤマサナエです。八重山諸島のトンボ類では大型の部類で、日本最大のトンボとして有名なオニヤンマと似たような虎柄をしていますが、全く別の仲間のトンボです。沖縄島にもオキナワサナエというほぼ同大のサナエトンボが生息していて、こちらは4月中旬あたりからぼちぼち出始めるので、沖縄島の渓流ではやっとリュウキュウハグロトンボが羽化し始める3月下旬のこんな時期にサナエトンボの仲間にお目にかかれるとは思ってもみませんでした。おそらく国内でこんな早い時期から姿を見せるサナエトンボは本種だけかもしれません。以前に本種を撮影したのは2年前の5月下旬。今回の遭遇で本種の大体の発生期間が掴めてきたように思います。写真の個体はまだ羽化からそんなに経っていないようで、僕が撮影したいと思っている渓流帯でテリトリーを張るシーンを見るのはまだ早かったのかもしれません。

撮影機材:OLYMPUS OM-D EM-1/M.ZUIKO DIGITAL ED40-50mm F2.8  PRO+MC-14 Teleconverter/FL-600R

[PR]

by kumaken0820K | 2018-04-08 15:24 | 爬虫類
<< ミネイサワガニ 石垣島産 ヤエヤマアカバネクロベニボタル... >>