沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
オオハナサキガエル 石垣島産
b0192746_20471007.jpg
b0192746_20473315.jpg
包摂中のペア

b0192746_20480662.jpg
偶然出会ったオス同士
b0192746_21591752.jpg
湿地に産み付けられた卵塊



沖縄県石垣島 2018年3月

急に降りて来た寒気の影響で今回の石垣島滞在の前半戦の夜はほとんど生物達の活動が下火。その中で唯一活発だったのが写真のオオハナサキガエル達でした。沖縄本島北部では近似種ハナサキガエルが繁殖期を終えていますが、オオハナサキガエルはまだ繁殖期が始まったばかりか、中盤に差し掛かったあたりのようで、渓流や湿地などで包摂しているペアや卵塊を数多く見かけました。今回初めて気付いたのですが、彼らがハナサキガエルと違うのは大きさだけでなく、産卵する場所も違うようで、前者ハナサキガエルは山奥深くの特定の滝つぼや淵などに集って産卵を行うのに対し、後者オオハナサキガエルは場所を選ばず、水の流れがほぼない湿地の淀み、渓流の水溜り、さらには林道の取水升の中までと様々な環境で産卵します。今のところ国産ハナサキガエルは2種の産卵形態しか観察していませんが、成体の容姿が似ていてもこれだけ変わるというのは各島の環境に特化したものなのか、興味深いものでした。

b0192746_21584588.jpg
発生が進んで孵化した卵塊




使用機材:
◎1・2・3・4枚目:OLYMPUS OM-D EM-1/M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO/STF-8 Twinflash+FL-300R×1

◎5枚目:OLYMPUS TG-4


[PR]

by kumaken0820K | 2018-04-06 20:50 | 両生類
<< ヤエヤマアカバネクロベニボタル... ムラサキサワガニ >>