沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ムネマダラトラカミキリ 八重山諸島亜種
b0192746_19430315.jpg
沖縄県石垣島 2018年3月

今回の石垣島生き物撮影遠征の昼の部は八重山の春の昆虫を狙い、林道沿いを徘徊していました。今年の春は本拠地やんばるでも昆虫の出が悪かったので、正直あまり期待していませんでした。メインのターゲットは昆虫採集家なら誰もが探す八重山の春の森に舞う宝石と称されるオオヒゲブトハナムグリ、ムネモンウスアオカミキリでしたが、やはり僕のような虫探しの超ド素人ではかすりもせず、その姿は拝めず仕舞い。ただ林道の一角で網を構える方々の後ろを通り過ぎて、きっと今の一振りで捕れたんだろうなあと思いながら、ベニボタルやら寝ぼけ眼のアオガエルやらを撮影していました。時間がいたずらに過ぎ、連日のフィールドワークの疲労でテンションも下がり始めていたその時、目に舞い込んできたのは写真のムネマダラトラカミキリ(Xylotrechus grayii grayii )。特に珍品というわけではないようですが、そのサイケデリックな色彩はなんと表現すれば良いのかはわかりませんが、とにかく「やったー!」と心の中で歓喜の声を上げていました。このトラカミキリの仲間はハチ類に擬態しているため、一度動き出せば、忙しなく歩き回りあっという間に飛んで行ってしまいます。(以前沖縄本島のアヤムネトラカミキリで失敗していたので)なので撮影時は呼吸も止め、緊張感もそれなりに大変なものでした。結局最後までその場から動かなかったのですが、トラカミキリのこの系統でこのように撮影できたのはとても運が良かったんだと思います。ただ撮影後に若干がっかりしたのは、このトラカミキリ琉球列島だけに産するわけではなく、北海道から琉球列島と幅広く分布するらしいとのこと。まあトラカミキリの写真リストには追加できたので御の字とします。

撮影機材:OLYMPUS OM-D EM-1/M.ZUIKO DIGITAL ED60mm Macro F2.8/STF-8 Twinflash



[PR]

by kumaken0820K | 2018-04-05 20:05 | 昆虫類
<< ムラサキサワガニ ヤエヤマヒバア 石垣島産 >>