沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
クロヨシノボリ 
at 2018-11-15 22:21
ユゴイとオオグチユゴイ
at 2018-11-10 23:03
ゴマフエダイ
at 2018-11-10 22:22
オキナワスジシロカミキリ 2..
at 2018-11-05 19:41
ウスモンナギサスズ
at 2018-11-01 17:35
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ツマグロゼミ
b0192746_13330926.jpg
b0192746_13303150.jpg


[ 沖縄県石垣市 2016年5月 ]

前項のヤエヤマクビナガハンミョウに続き、こちらも西表島で撮影の叶わなかった昆虫ツマグロゼミです。褐色の体に薄緑の縁取り、中央に走る白いストライプ模様が印象的なセミで、頭を下向きにして鳴く姿がまたユニークです。鳴き声はスィーーン♪スィッ♪スィッ♪と鳴き、ニイニイゼミとイワサキクサゼミの中間のような調子です。なので3種が混在する場所では鳴き声が入り乱れて聞き取りにくく、末端の鳴き声で聞き分けて探しました。また本種はクマゼミやリュウキュウアブラゼミと比べると小さく、またとても神経質で危険を察知すると即飛んでいきます。晴れの日だと彼らの危険察知能力が研ぎ澄まされるようで、それまでの撮影は困難なのものでした。今回の滞在は雨続きでそれが吉とでたのか、このセミたちの動きが通常より鈍り、近接撮影が比較的簡単にできたように思います。

< OLYMPUS OM-D EM-1/ZUIKO DIGITAL ED50-200mm F2.8-3.5 +MMF-3 Mountadapter/ >

◎ ツマグロゼミ Nipponosemia terminalis  

体長:20~26mm
分布:中国・台湾・八重山諸島・宮古島(城辺字砂川・字友利の一部と上野地区の一部)





[PR]

by kumaken0820K | 2016-05-28 13:24 | 昆虫類
<< ヤエヤマサナエ ヤエヤマクビナガハンミョウ >>