人気ブログランキング |

沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
シロスジメダカハンミョウ
at 2019-09-06 09:33
オキナワヒゲコメツキ♀
at 2019-09-06 08:51
オオミドリサルハムシ
at 2019-09-06 08:34
アカマタの幼蛇
at 2019-09-06 01:18
クサキリモドキの幼虫
at 2019-09-06 01:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
吐噶喇列島の旅 ~中之島をめざして~
ところ変わって、吐噶喇(トカラ)列島の記録です。約1ヶ月に渡る南西諸島の旅はここから始まりました。
6/27に沖縄本島本部港をマルエーフェリー”なみのうえ”で出発し、同日午後8:20に奄美大島名瀬港に到着。奄美で4泊した後、7/1午前4:00 名瀬港発のフェリー”としま”で吐噶喇列島を北上。荒波に揺られるフェリーの手すりにしがみつくようにして、約9時間程かけ吐噶喇最大の島中之島に到着しました。

b0192746_10473099.jpg

PM 9:00 名瀬港に停泊するフェリーとしま。出航時間まで寝台室で睡眠を取りました。

b0192746_10511792.jpg

フェリーとしまの航路

b0192746_10522788.jpg

AM 3:30 出航30分前。船尾貨物室のランプウェイが降ります。 My原付で待機中。

b0192746_1056589.jpg

AM 7:00 最初の寄港地宝島
が見え始めました。 

b0192746_1102045.jpg

宝島港に入港すると、豪勢な壁画が出迎えてくれます。

b0192746_1125827.jpg

AM 7:41 第2の寄港地小宝島。吐噶喇一子供の人口が多いそうです。ガイドブックにあったとおり、島の全景は横たわる妊婦さんのような形をしていました。吐噶喇の特産品を加工する工場があるようです。

b0192746_2022039.jpg

AM 7:47 小宝島入港。波はかなり荒れていました。

b0192746_11105939.jpg

AM 9:17 小宝島より約1時間半で第3の寄港地悪石島に入港。岸壁には島の伝統行事に登場する”ボゼ”が可愛く描かれていました。いつか本物を見てみたいものです。

b0192746_11143320.jpg

出航してから撮影した悪石島の全景。宝島、小宝島と違い、海底火山が起源の島なので、海面から聳え立つように浮かんでいます。まるでオーストラリアのエアーズロックのようでした。

b0192746_1935504.jpg

AM 10:06  第4の寄港地諏訪瀬島今だに火山活動が活発なため、立ち入り禁止区域のある島です。

b0192746_19571761.jpg

AM 10:16 諏訪瀬港入港 諏訪瀬島の海岸は意外と穏やかでした。

b0192746_19403441.jpg

AM 11:32  第5の寄港地平島。平家落人伝説のある島です。

b0192746_19432661.jpg

平島の全景。島の形は全然平らではありませんでした。


b0192746_19442865.jpg

PM 12:14 目的地 中之島が見えてきました。吐噶喇列島一広い面積を持つ島で、人工は最多の164名だそうです。

<RICHO CX5>



by kumaken0820K | 2012-08-06 11:19 | 離島遠征記
<< 中之島にて 干潟の生き物 >>