人気ブログランキング |

沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
蜘蛛を専門に捕食する蠅取蜘蛛 ケアシハエトリ
蜘蛛を専門に捕食する蠅取蜘蛛 ケアシハエトリ_b0192746_23514523.jpg

国頭村 2012年5月

多くのハエトリグモは葉の上をちょこまかと歩き回り、小さな蠅や昆虫を捕らえて食べるイメージがありますが、このケアシハエトリは食性が他と大きく変わっていて、体長が僅か8ミリしかないのにも関わらず、なんと自分の体よりも大きな造網性種のクモ(網状の巣を作るタイプ)を捕らえるそうです。それはときに自分の体の倍以上に及ぶオオジョロウグモ(雌の最大体長:50mm)を捕食することもあるというのですから驚きです。クモを捕るクモなので、もはやハエトリグモではないワケですが、やはり分類上そう名付け得ざるをえなかったのでしょうね。
図鑑によれば、狩の仕方は獲物のクモが張る網に侵入し、網に絡まっているゴミや落ち葉を足場にして飛び掛るのだそうです。まさに”山椒は小粒でもピリリと辛い”というたとえにピッタリな憎いヤツです。いつかはその捕食シーン的な物も収めたいとは思っているのですが、かなり用心深い種なので、野外でその場面の撮影をするのはそう容易くはないでしょう。やはりじっくり飼育してみるしかないかもしれません。

分布:南西諸島

蜘蛛を専門に捕食する蠅取蜘蛛 ケアシハエトリ_b0192746_0175453.jpg

他のハエトリにはない勇ましい顔。とても用心深く、動き、ジャンプともにスピーディーで見失うと探すのに苦労します。

<OLYMPUS OM-D EM-5/SIGMA 105Macro F2.8+MMF-3/FL-LM2/ISO1000>

by kumaken0820K | 2012-05-19 00:23 | 蜘蛛型類
<< キベリヒゲナガサシガメの捕食 北部にもいたイワサキクサゼミ >>