沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
イヘヤトカゲモドキ2018


b0192746_22260839.jpg

b0192746_22154798.jpg
b0192746_22263221.jpg
b0192746_22423896.jpg
沖縄県伊平屋島 2018年7月

今回の伊平屋島滞在の第一目標に掲げていたのが沖縄県指定天然記念物イヘヤトカゲモドキです。クロイワトカゲモドキの亜種中最も個体数が少なく、また生息環境も島の奥地に入り込まないとまず出会うことができず、環境省RDでも絶滅危惧ⅠA類に指定されるほど大変貴重な存在です。これまでに撮影できたのは一晩で3個体が限界で、どれも満足が行く撮影ができておらず、4度目の渡航となる今回はその撮影に終止符を打つべく、新ポイントを開拓。ハブの巣くう傾斜地を登った努力の甲斐あって1晩で10個体前後確認し、数個体を撮影することができました。正直これまでトカゲモドキ探しでここまで危険を冒してエントリーしたことは初めてで、怪我無く帰れたのが本当に奇跡でした。ただ気になったのが、これまで開拓してきたポイントがほとんど確認できなかったことで、環境の悪化、密猟による減少ではないかと心配しています。

< OLYMOPUS OM-D EM-1/M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8  PRO/STF-8 Twinflash+FL-300R >



[PR]

# by kumaken0820K | 2018-09-03 22:42 | 爬虫類
伊平屋島のハブ
b0192746_21530940.jpg
b0192746_21532998.jpg
沖縄県伊平屋島 2018年7月

先月は多忙のためだいぶ更新が滞ってしまいましたが、伊平屋島遠征の第2幕から投稿したいと思います。今回の伊平屋島では主に爬虫類の撮影がメインで、その中でハブは第二目標でした。今回開拓したポイントは渡嘉敷島に続くハブの巣窟で、傾斜45度ほどの急斜面で岩を登るごとに約10メートル間隔でハブが座っているシーンに一晩で5回遭遇し、行程、地形、ハブに攻撃を受けるリスクを考えるとこれまでにない危険地帯を歩いたような気がします。今回で4度目となる同島の滞在ですが、過去のヒヤッとした経験から見てもやはりこの島のハブの性質は他の産地とは別格で、姿こそは基本的な沖縄ハブのイメージなのですが、その動きは各段に早く、体をほとんどくねらせずに槍のごとく斜面を滑り降りて来る動きは正直恐ろしさを感じました。そんなでもまあよくぞ3晩連続で入って生きて帰れたなあと思います。

<OLYMOPUS OM-D EM-1 Mk-Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8  PRO/STF-8 Twinflash+FL-300R>



[PR]

# by kumaken0820K | 2018-09-02 22:09 | 爬虫類
伊平屋島の旅 4回目
b0192746_21483079.jpg
前泊港と腰岳を望む
b0192746_21560038.jpg
米崎ビーチ

b0192746_22220541.jpg
野甫島を望む
b0192746_21562837.jpg
虎岩から前泊港を望む
b0192746_22003897.jpg
田名集落にて
b0192746_22005764.jpg
ヤギと??

b0192746_22001531.jpg
夕日


沖縄県伊平屋島 2018年7月

先月の中頃ですが3拍4日で伊平屋島に渡っていました。目的は同島生息の爬虫類等の撮影で、今回は初日の日中に2カ所ほどポイントを開拓し、残りの日程は主に夜間撮影をしていました。この島は面積の小さい島だけに滞在中のスケジュールが楽に回せるので、ちょっと仮眠をとった後などに景色の写真を撮りに時間を費やせるのが魅力です。

[PR]

# by kumaken0820K | 2018-08-14 22:17 | 離島遠征記
リュウキュウギンヤンマ 
b0192746_21162349.jpg
沖縄県今帰仁村 2018年8月

ここのところ東村山と水の生活博物館で開催中の企画展対応等でしばらく更新が途絶えておりました。写真展のほうは県内のローカルラジオ番組等でもご紹介も頂き、お陰様で順調に来れています。開催期間は残り2週間ほどとなりましたが、頑張って参りたいと思います。
さて今日は博物館が休館日で1日オフだったので村内の池で久々のトンボ撮影に没頭しました。写真はリュウキュウギンヤンマ。沖縄には3種類のギンヤンマ属のトンボが生息しており、本種はその中では最大種のようです。今回も1時間半粘りましたが歩留まりの良い写真が撮れず仕舞いで、上の1枚意外は全てピンブレ、露出オーバー等で全て没となりました。いつかはバシッとシャープな写真を撮ってみたいものです。

< OLYMOPUS OM-D EM-1 Mk-Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL ED40-150mm F2.8  PRO/FL-600R >


[PR]

# by kumaken0820K | 2018-08-14 21:27 | 昆虫類
琉球生き物紀行@東村山と川の生活博物館 

b0192746_11462711.jpg

突然ですが、イベント告知です。7月28日(※)から8月31日まで東村立 山と川の生活博物館で展示会をさせて頂く運びとなりました。今回のテーマは沖縄本島を始めとする琉球弧の生物たち。各分野に分けて図鑑形式のパネルで紹介させて頂きます。また私のお気に入りの生物サワガニの写真、生体展示も同時で行います。
やんばるへのドライブのついで、お子様の自由研究に足を運ばれてみてはいかがでしょうか。今回お世話になる東村博物館さんではなかなか博物館展示ではお目にかかれないイノシシ、ハブ、川の生き物といった生き物たちや文化財など幅広い分野の展示物も常設展示されていますのでお見逃しなく。
この度お声掛け頂きました沖縄市立郷土博物館学芸員の刀禰浩一様、会場を提供下さった東村博物館の職員の皆様に御礼申し上げます。

私が会場に常駐する日程は後ほど当ブログにてお知らせしたいと思います。

◎詳細は東村博物館様のHPからでもご確認頂けます。

http://yamamizu.vill.higashi.okinawa.jp/

※ ポスター画像での会期は7月29日からとなっていますが、正しくは7月28日です。

[PR]

# by kumaken0820K | 2018-07-13 10:13 | イベント