人気ブログランキング |

沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
オオメトンボ 久米島
b0192746_15544914.jpg
沖縄県久米島町 2019年4月

林縁を歩いていると枝の下から小麦色のトンボが飛び出してきたので目で追うと飛び方がウスバキトンボとは違う様子。これはひょっとしてと思い、恐る恐る止まった先をのぞき込むとなんとオオメトンボ。まず本土では迷入トンボですとかではない限りお目にかかることのないトンボです。本種は沖縄島でも出会う機会が多いのですが、大抵は薄暗い林内の沼地の水面すれすれを飛んでいることが多くなかなか撮影がしにくかったトンボでした。ラッキーとばかりに撮影に没頭しましたが、やはりあと少し上からのアングルで撮影したかったですね。

<撮影機材:OLYMPUS OM-D EM-1/M.ZUIKO DIGITAL ED40-150㎜ F2.8  PRO/FL-600R>




# by kumaken0820K | 2019-06-06 16:12 | 昆虫類
ツシマトリノフンダマシ 久米島産
b0192746_10591173.jpg
b0192746_10592480.jpg
b0192746_10595043.jpg
沖縄県久米島 2019年4月

だいぶ久米島ネタがたまっているので、早送りです。
これはツシマトリノフンダマシというナゲナワグモ科のクモです。「ツシマ」とつくからには長崎県対馬の固有種かと思いきや、本州(まばら)、四国、九州そして沖縄は久米島まで生息しているというお騒がせなヤツのようです。(まあ対馬にしかいないはずなのに久米島で見つけたと当時勝手に喜んでいたのは私ですが。。)そういえばこの模様テントウムシに似ているなあと思い、図鑑、で調べてみたらば、これは外敵に襲われると毒液を出すテントウムシ類に擬態して身を守っているのではないかとのことです。そうなると鳥の糞に擬態する意味でつけられた「鳥の糞騙し」の要素は何一つ無いことになり、それじゃテントウダマシにすればいいじゃないかと言いたいところですが、既に昆虫のゴミムシダマシ科にテントウダマシというのがいるので、この名前は商標登録済みのようです。まあどうでもいい話ではありますが。。だいぶ脱線しましたがこのクモ、一見鈍くさそうですが「ナゲナワグモ」と呼ばれるように球状の粘液をつけた糸を垂らして、投げ縄をするように獲物を捕らえる器用な一面も持っているそうです。私はクモが少し苦手な一方、擬態や狩りの方法などなどこういった特殊能力に感心しています。

< 撮影機材:OLYMPUS OM-D EM-1/M.ZUIKO DIGITAL ED60mm F2.8 /STF-8 Twinflash >


# by kumaken0820K | 2019-06-05 11:30 | 蜘蛛型類
リュウキュウルリモントンボ♂ 久米島産
b0192746_10282248.jpg
沖縄県久米島 2019年4月

前回の記事から1週間近く更新をサボったうえ、5月の記事がまったく上げられず6月に突入してしまいましたが、今回も久米島です。
久米島は小さな河川が多い島ですが、沖縄本島でいうリュウキュウハグロトンボやオキナワオジロサナエ、ミナミヤンマといった渓流性トンボが生息していないようで、唯一生息している渓流性トンボはリュウキュウルリモントンボのみのようです。このトンボの同亜種は他に沖縄島、伊平屋島、渡嘉敷島、阿嘉島、座間味島に生息。専門書によれば島ごとに胸部の模様が若干ことなるとのとで、これまでに各島で本種を撮影してきましたが、未だに違いがわからないのが本音です。ですが固有種と行かないまでも、池、沼に生息する止水性のトンボと違い、渓流性の本種は島と共に歴史を歩んできた生き物なので、自分の中では「ご当地物」として撮影対象にしています。

< 撮影機材:OLYMPUS OM-D EM-1/M.ZUIKO DIGITAL ED60mm Macro >


# by kumaken0820K | 2019-06-05 10:41 | 昆虫類
アカマタ 久米島産


b0192746_08151276.jpg

b0192746_21590254.jpg

b0192746_21594873.jpg
沖縄県久米島 2019年4月

ハブに出会った夜にアカマタにも出会いました。けっこう大きな個体で1m50㎝は越えていたように思います。ハブに比べこちらは毒がないわけですが、体力、気性の荒さ、攻撃力はむしろハブ以上。ですが熱を探知するピット器官がない分、的を外して空振りの連続。冷静さも欠いていたようで、しまいには我が身を噛んでしまい、ケガまで負っていました。
大抵のアカマタは道路脇で見つけると、すぐに茂みへと入り込みますが、今回はヘビが隠れる場所まで距離があり、この個体は逃げるのを諦めたのか、戦うほうを選択したようです。
芝生という人工的な環境で撮影者自身の体力も限界値に達しようとしていて普段なら普通種である本種はスルーしますが、その雄々しい姿がなかなか見事だったので賞味30分は撮影に没頭していました。

<撮影機材:OLYMPUS OM-D EM-1 Mk-Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL 12‐40mm F2.8  PRO/STF-8 Twinflash+FL-300R>




# by kumaken0820K | 2019-05-30 22:14 | 爬虫類
ハブ 久米島型
b0192746_11584920.jpg
b0192746_11590350.jpg
沖縄県久米島 2019年4月

5月の山原の記事も詰まってきていますが、久米島記事はまだ続きます。実はこれまでの久米島遠征で久米島型のハブを撮影できていませんでした。この型は沖縄島その周辺の離島に生息する金色のハブと違い、体色が緑色を帯び、背中の模様がストライプ模様または輪紋をもった個体群で、他の産地と比べてハブらしくないイメージです。因みに久米島には沖縄島とその周辺離島で見られる通常の模様を持った個体、俗にいう「本島型」も見ることができます。
久米島型はこれまでに決して出会えていなかったというわけではなかったのですが、初来島は当時の目標が久米島のサワガニ類だったので、個体数の比較的多いといわれるハブはスルーしていたのです。ところがいざ撮影となるとなかなか出会えないもので、来島2回目以降は「本島型」にしか出会えず、5回目の今回、やっと腰を据えて撮影することができました。しかしながらこの個体も私が本当に撮影したかった背中の模様がまっすぐの久米島型ではなく、歪んだ輪紋が並ぶ型でした。また成熟した個体ではなく、まだ小蛇に近いサイズだったので、目標達成度としてはまだまだでした。

<撮影機材:OLYMPUS OM-D EM-1 Mk-Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8  PRO/STF-8 Twinflash+FL-300R>



# by kumaken0820K | 2019-05-28 12:18 | 爬虫類