沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
ガラスヒバア 2018
at 2018-01-17 21:23
瀬底島のリュウキュウアオヘビ
at 2018-01-10 23:45
謹賀新年 2018
at 2018-01-05 18:26
2017年を振り返って
at 2017-12-28 17:40
サカモトサワガニ 徳之島産
at 2017-12-07 11:28
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:自然写真 ( 77 ) タグの人気記事

イタジイの花
b0192746_22082339.jpg
b0192746_22083833.jpg

[ 沖縄県国頭村 2016年3月 ]

< OLYMPUS OM-D EM-1/SIGMA APO MACRO F2.8 EX DG+MMF-3 Mountadapter >



[PR]

by kumaken0820K | 2016-03-29 22:09 | 沖縄の野生植物
イボイモリ 2016
b0192746_20284479.jpg

[ 沖縄県今帰仁村 2016年1月 ]

今年の沖縄は過去に類を見ない異常気象の影響で、霙が降ったり、野生植物の花が狂い咲きしたりで、撮影のチャンスがイマイチよく掴めない出だしとなりました。例年ならばこの時期、夜間気温が10℃代後半であればやんばるの渓流へカエルの撮影しに向かいますが、あまりにも連日冷え込みが激しかったためか、体が参ってしまい、半月前から風邪をこじらせてしまう始末。おそらく今期のやんばるのフィールド撮影は無理そうです。写真は先月の始め頃、自宅近辺の里山で夜間見つけたイボイモリ(沖縄県指定天然記念物)です。冬季が繁殖期のようで、だいたい1月~3月の間に局所的に数個体が群れている姿を目にします。年によっては12月のクリスマスあたりでもフィールドでペアが折り重なっている姿を見かけたこともあるので、多少シーズンは前後するようです。

< OLYMPUS OM-D EM-1/M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 PRO/FL-600R+FL-300R >


[PR]

by kumaken0820K | 2016-01-30 20:30 | 両生類
シリケンイモリ 2016
b0192746_22181047.jpg
[ 沖縄県名護市 2016年1月 ]

< OLYMPUS OM-D EM-1/SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG/FL-LM2 > 


[PR]

by kumaken0820K | 2016-01-05 22:19 | 両生類
サツマイナモリ 2016
b0192746_10021167.jpg
b0192746_10023929.jpg
[ 沖縄県大宜味村 2016年1月 ]

< 1枚目:OLYMPUS OM-D EM-1/M.ZUIKO DIGITAL  12-40mm F2.8 PRO >
< 2枚目:OLYMPUS OM-D EM-1/M.ZUIKO DIGITAL ED60mm F2.8 MACRO >



[PR]

by kumaken0820K | 2016-01-02 10:05 | 植物
アケビドコロの雌花
b0192746_22163187.jpg
[ 沖縄本島北部 2015年11月 ]

< OLYMPUS OM-D EM-5/M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 /SLIK 三脚+ケーブルレリーズ >


[PR]

by kumaken0820K | 2015-11-07 22:18 | 沖縄の野生植物
秋の夜のサワガニ探し
ここのところ沖縄本島北部は北東のひんやりとした風が吹き、昼間でも半袖で出歩くと肌寒い陽気になってきました。毎年このシーズンは夜間のやんばるへと出かけるのですが、歳のせいか最近はそれが億劫になり、仕事休みの日は近所の小川でサワガニたちの観察・撮影をするようになりました。割と身近な存在の彼らですが、ポイントへ通うごとに新たな発見があり、目が離せません。

b0192746_21083512.jpg
サカモトサワガニ♀ [ Geothelphusa sakamotoanus ] の黒色型 そうそういない型です。
b0192746_21095372.jpg
岩の上でじっとしていたサカモトサワガニ [ Geothelphusa sakamotoanus ]



b0192746_21085133.jpg
案外身近な小川の上流にいたアラモトサワガニ[ Geothelphusa aramotoi ]

b0192746_21175890.jpg

サワガニの多いところでよく目にするカワニナの一種


b0192746_21092511.jpg
まさかのタイワンハブ  

最近よく見かけるので今帰仁村内で増えている模様

[ 沖縄県今帰仁村 2015年10月 ]


< OLYMPUS TG-4/プログラムモード・顕微鏡モード/LED >



[PR]

by kumaken0820K | 2015-10-14 21:20 | 甲殻類
沖縄本島の河川に生息する淡水産エビ類
b0192746_12570697.jpg
b0192746_12573974.jpg
[ 沖縄県今帰仁村 2015年8月 ]

近所を流れる小川の源流域で淡水産のエビ類をオリンパスの防水コンパクトデジタルカメラTG-4で撮影してみました。エビ類には疎いので上の写真は種類がわかりませんが、下はヤマトヌマエビで違いないと思います。いずれも同所で撮影。ひんやりとした水が心地よい水辺環境でした。

< OLYMPUS TG-4/顕微鏡モード >

[PR]

by kumaken0820K | 2015-08-11 12:58 | 甲殻類
透明な小川
b0192746_22185426.jpg
b0192746_22190734.jpg
b0192746_22192298.jpg

[PR]

by kumaken0820K | 2015-03-24 22:19 | 沖縄の自然
レンギョウエビネ?
b0192746_19325353.jpg
b0192746_19331250.jpg

[ 沖縄県国頭村 2015年3月 ]

天気は良いものの風が北よりに変わり、また寒々しい日になってしまった沖縄島北部です。昆虫の出はまた悪く、渓流でサワガニ探しに移行。ところが今回下った谷はハズレのようで全く見かけませんでした。その代り野生のランが自生している箇所を見つけ、名前は解らないものの撮影してみることに。慣れない被写体なので普段とは違う構図に手こずりました。自宅に帰って調べてみるとレンギョウエビネという種類のようでした。他の方々が撮った写真を見る限り今回撮影できたのはまだ蕾が開ききっていない状態だったようなので、日を改めて通ってみようかと思います。

< OLYMPUS E-3/SIGMA 18-50mm F2.8 MACRO >




[PR]

by kumaken0820K | 2015-03-23 19:35 | 沖縄の野生植物
一際大きなアラモトサワガニ
b0192746_10415258.jpg
b0192746_10431185.jpg
b0192746_10462816.jpg
[ 沖縄県名護市 2015年3月 ]

ここのところ地味に本格的にハマりつつある個人的なサワガニの調査。新しい産地、生息状況が分かる度に感動している人間は全国でも僅かではないでしょうか。最近はフィールドへ出かける際は撮影機材とノギス、観察ケース、記録用紙を常に携帯しています。先日は買い物の帰りに立ち寄った沢でアラモトサワガニの大きな雌個体を見つけました。過去の記録では甲幅35mmが最大でしたが、この個体はそれを上回る38mm。小型種のイメージの強い本種でもこれほどに大きいと重みがあり、迫力もあります。ところが雄個体もそれなりに大きな個体がいてもおかしくないはずなのですが、未だ見つけられておらず、大体30mm前半代止まりです。もしかすると雄よりも雌のほうが大型化する傾向にある種なのかもしれません。
b0192746_11083380.jpg


< OLYMPUS TG-2 >

[PR]

by kumaken0820K | 2015-03-10 11:08 | 甲殻類