沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
ガラスヒバア 2018
at 2018-01-17 21:23
瀬底島のリュウキュウアオヘビ
at 2018-01-10 23:45
謹賀新年 2018
at 2018-01-05 18:26
2017年を振り返って
at 2017-12-28 17:40
サカモトサワガニ 徳之島産
at 2017-12-07 11:28
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:伊平屋島の生き物 ( 9 ) タグの人気記事

イヘヤオオサワガニ
b0192746_16531747.jpg
b0192746_10141288.jpg


[ 沖縄県伊平屋村 2014年8月 ]

伊平屋島は沖縄本島北部との共通種が多く、固有種が少ない島です。このイヘヤオオサワガニはその数少ない固有種のひとつで、甲幅は45mmとオオサワガニ類では最小種。体色はそれほどバリュエーションはなく、茶色または灰色の個体がほとんどです。今回気付いたのですが、成熟した雄個体の肥大した鋏脚の可動指は外側に大きく湾曲するようです。これは久米島に生息するクメジマオオサワガニに近い形状でした。なのでもしかすると沖縄本島のオキナワオオサワガニよりも遺伝的にはクメジマオオサワガニに近いのかもしれません。
島内での分布は山と水源さえあればどこにでもいる印象ですが、一部は山がダム建設のために森が切り開かれ、土砂によって渓流が埋没し、危機的な状況になっています。やはりそういった場所の個体群は小型化した個体が目立ちます。小さな島だけに水源地の確保が難しい現状があるというのも分からなくはないのですが、手当たり次第切り崩しては土砂で埋め立て、コンクリート張りにされているのを見ると、胸が痛みます。なんとか自然と共存していける工法があるはずですが、それができないくらい地形的に厳しいのでしょうか。。

b0192746_20135583.jpg


< OLYMPUS E-3/ZUIKO DIGITAL ED14-54mm F2.8-3.5+EC-14 Teleconverter/STF-22 Twinflash >


DATA

◎ イヘヤオオサワガニ Geothalphusa iheya

十脚目 エビ目 サワガニ科

体長:45mm
分布:伊平屋島




[PR]

by kumaken0820K | 2014-08-09 17:19 | 甲殻類
伊平屋島を二分するカニの勢力
b0192746_19562732.jpg

ベンケイガニ(Sesarmops intermedia)

b0192746_19574747.jpg

カクレイワガニ(Geograpsus grayi)

沖縄県伊平屋村 2012年8月


伊平屋島の沢でサワガニを探しているときに必ずと言って良いほどよく遭遇したのが、このベンケイガニ、 カクレイワガニ 。固有種イヘヤオオサワガニ達が細々と暮らしているのに、彼らの群れはそれを凌駕するかのように、その生息地を取り囲んで生息していました。この2種類はサワガニとは別のグループに属するカニでイワガニ科に属します。この科のカニは大部分が海中、海岸の海水で暮らしますが、その中でも彼らは完全とは言えないものの淡水域でも過ごせるようになった種のようです。イワガニ科の生活サイクルはサワガニとは大きく違い、サワガニ科が卵から成体まで一生を淡水域で過ごすのに対し、イワガニ科は産卵時に一度海へ下り、海中で育った幼生は仔ガニになってある程度成長すると陸地の淡水域で生活し始めるようです。海外には一生を陸上(淡水に依存)で過ごすベンケイガニの仲間がいるようですが、日本国内に生息するものは全て海を起源とする生活サイクルのようです。話は戻りますが、とにかく島内におけるこのイワガニ2種の生息範囲は広く、沖縄本島では海岸線の湿地にしかいないはずの彼らが、100メートル以上はある乾燥した山の山頂付近まで進出しているのを見たときは驚きました。川もなければ、池もない場所で彼らは全て雨水にたよるしかないと思うのですが。。淡水産のサワガニがこうしているならともかく、不思議な光景でした。イワガニの仲間が地域によってこれだけ生態に違いがあるのは興味深いものです。

<OLYMPUS E-3/ZUIKO DIGITAL ED50mm Macro F2.0+EC-14/TF-22 Twin Flash>
[PR]

by kumaken0820K | 2012-09-02 20:26 | 甲殻類
伊平屋島の昆虫
b0192746_10124135.jpg

マダラバッタ 直翅目バッタ科Aiolopus

b0192746_10313513.jpg

アカアシバッタ 直翅目バッタ科Heteropternis

b0192746_1032697.jpg

ハラボソトンボ 蜻蛉目トンボ科

b0192746_1033243.jpg

タテハモドキ 鱗翅目タテハチョウ科

b0192746_11143379.jpg

オオトモエ 鱗翅目ヤガ科

b0192746_802571.jpg

オキナワヒラタクワガタ 甲虫目クワガタムシ科Dorcus

沖縄県伊平屋村 2012年8月

本島から40キロ離れている離島ですが、生息する爬虫類、昆虫などは沖縄本島とかわらないようです。


<OLYMPUS OM-D EM-5/ZUIKO DIGITAL ED50-200mm F2.8-3.5>
[PR]

by kumaken0820K | 2012-08-31 10:10 | 昆虫類
魚眼レンズでタイワンウチワヤンマ
b0192746_1154656.jpg

沖縄県伊平屋村 2012年8月

OLYMPUS製の8mm魚眼はもう4年前に中古で購入しましたが、旅行で持ち出しても殆どと言って良いほど出番のないレンズでした。重い上に使用する構図の条件が限られる、扱いづらい。たぶんそれが理由だと思います。しかしこれでは宝の持ち腐れも良いところなので、今回は思い切って使ってみることにしました。被写体は大型のトンボ タイワンウチワヤンマ 。これだけ大きな被写体ならば、OM-Dの背面モニターを見ながらでもピントを合わせられそうでした。魚眼は焦点距離の短いレンズなので、昆虫のような被写体を大きく写すときは、かなり寄らねばなりません。普通のトンボであれば、とても神経質なので、距離が2メートルを切った時点で逃げられますが、ウチワヤンマはその点鈍感で、スレスレまで近づいても、よほどのことがなければ逃げないようです。ところが、カメラのような怪しいものを近づけられると、流石にトンボもムムっ!?思うようで、あと少しというところで飛びたたれてしまい、なかなか思うように撮影できません。トンボという昆虫はとても賢く、こちらがピントが合った!と思ってシャッターを切ろうとする瞬間、まるで狙ったかのように逃げます。こんなことを炎天下で8回ほど繰り返し、ズボンを泥まみれにしながらやっとの思いで、上の1枚を撮影することができました。

b0192746_12464945.jpg

ちょっと斜めにした構図。 やはり不自然か。。。

<OLYMPUS OM-D EM-5 /ZUIKO DIGITAL ED8mm Fish eye+EC-14 Teleconverter>
[PR]

by kumaken0820K | 2012-08-28 12:16 | 昆虫類
絶滅危惧の蜥蜴 イヘヤトカゲモドキ
b0192746_10222398.jpg


b0192746_10513445.jpg


沖縄県伊平屋村 2012年8月

伊平屋島滞在二日目の晩に出くわしたのは、環境省レッドリスト絶滅危惧種ⅠA類のイヘヤトカゲモドキでした。そのような生き物だけに数が極めて少ないと聞いていたので、僕ではまず見つけられないだろうと思っていたのですが、サワガニを探していた沢で2匹の個体に遭遇できました。あまりにも目立つ色はサワガニよりもはるかに発見しやすく、5メートル先の樹の根の間から身体を乗り出しているのがはっきりと見えました。2匹とも幼体だったのか、かなり小ぶりで、下手したらカニに捕らわれてしまうのではと思ってしまうほど、弱々しいイメージでした。よくぞこれまで生き抜いて来たと感心してしまいます。島内でどれだけの範囲で生息しているのか解りませんが、今後もしまた伊平屋島に赴く機会があれば島内の様々なポイントで撮影してみたいものです。

b0192746_1052230.jpg


<OLYMPUS E-3 /ZUIKO DIGITAL ED14-54mm F2.8-3.5+EC-14 Teleconverter/TF-22 Twin Flash>
[PR]

by kumaken0820K | 2012-08-28 10:39 | 爬虫類
南西諸島の小さな開拓者 イヘヤネブトクワガタ
b0192746_14445455.jpg

沖縄県伊平屋村 2012年8月

今回の伊平屋島の撮影旅行ではイヘヤオオサワガニ以外の成果はあまり期待していませんでしたが、島自体の面積がそれほど広くないからか、思った以上に固有の生き物達に出会うことができました。その中でも意外だったのが、このイヘヤネブトクワガタ大歯型。今回は夜の森で雄2頭、雌1頭に出会えました。本種は日本列島に幅広く分布するネブトクワガタの伊平屋島固有亜種で2000年に発見されたクワガタムシです。ネブトクワガタに関してはあまり詳しいことは知らないので、専門書などでいろいろ調べてみると、とにかくその分布域に驚きました。なんと僕が今まで巡って来た島々 西表、石垣、奄美、トカラ全てに分布するというのです。八重山からトカラ列島の中之島間は距離にして東京都~青森県と同じくらいですが、その間が大海原に隔てられています。おそらく朽木の中での生活が主なクワガタなので、大雨で海へ流された朽木と一緒に海流に乗って分布域を広げたのでしょう。このような方法で分布を広げてきたクワガタにはヒラタクワガタやルイスツノヒョウタンクワガタなどが知られますが、そういったクワガタの中でも南西諸島におけるネブトクワガタの分布域はズバ抜けて広範囲で、ほぼ全域を制覇しているといっても良いかも知れません。最大でも36ミリほど(奄美大島産)にしかならない小型のクワガタですが、実に開拓者魂が旺盛なクワガタです。

<OLYMPUS E-3/ZUIKO DIGITAL ED50mm F2.0+EC-14 Teleconverter/TF-22 Twin Flash>
[PR]

by kumaken0820K | 2012-08-24 15:27 | 昆虫類
伊平屋島のハブ
b0192746_945139.jpg


b0192746_946514.jpg


沖縄県伊平屋村 2012年8月

ほとんどが夜間撮影だった伊平屋島滞在。サワガニの撮影が目的だったので、向かうところは急斜面の沢のポイントでした。ヤンバルのサワガニならば一部の種を除き、ほとんどが舗装された林道脇の湧き水を探せば、容易に見つかりますが、伊平屋の場合はそのようなポイントがないので、河川の源流域で藪漕ぎをし、岩登りをしながら探しました。そのようなポイントでは転倒による怪我も注意が必要ですが、とにかく注意を払っていたのは猛毒蛇ハブの存在。伊平屋島は沖縄諸島のハブの生息地の北限なので、フィールドで一度は出くわすだろうと念頭に置いていました。まあ今まで沖縄でのハブ遭遇頻度がそれほどではなかったので、多少軽視していましが、今回はまるでその気の緩みを窘められるかのように、2頭のハブに遭遇しました。1頭目は岩に手をかけながら登った先に鎮座していて、先に気付かなければハブを刺激し、腕もしくは顔をやられているところでした。2頭目は足元で、やはり獲物を待ち構えて鎮座していました。ヤンバルでは一晩で1匹見るか見ないかの代物ですが、まさか初日でこれほどの頻度で出くわすとは思わなかったので、2日目はかなり慎重に沢を歩き、残体力と相談して深入りはせず、短時間で探索を終えました。

<1枚目:OLYMPUS E-3 /ZUIKO DIGITAL ED14-54mm F2.8-3.5+EC-14 Teleconverter/TF-22 Twin Flash>

<2枚目:OLYMPUS E-3 /ZUIKO DIGITAL ED14-54mm F2.8-3.5 /内臓ストロボ+ディフューザー+FL-36R>

[PR]

by kumaken0820K | 2012-08-23 09:28 | 爬虫類
伊平屋島のサワガニ2種の比較
b0192746_0111780.jpg

アラモトサワガニ

b0192746_0114649.jpg

イヘヤオオサワガニ若齢個体

沖縄県伊平屋村 2012年8月

伊平屋島には固有種のイヘヤオオサワガニとは別にもう一種アラモトサワガニが生息しています。沖縄島の河川にも生息する小型種ですが、その地味な色合いからあまり人目につくことがない種です。ほぼ陸上で活動するオオサワガニ類とは違い、ある程度流れのある水中への依存度が高く、また下部が水没した転石、小石の下に浅い隙間を作って生活するので、ダム開発などによりそのような環境が少なくなっている伊平屋島では、本種の生息範囲は極めて局所的です。2枚目の写真は一瞬アラモトサワガニかと思っていたイヘヤオオサワガニの若齢個体。色合いはそっくりなのですが、よく見ると、歩脚の先端に毛がない、鋏脚に顆粒がない、甲羅背面が丸みを帯びる、湿地のような場所に穴を掘って生活するといった点で前者と区別できます。しかしオオサワガニの若齢個体は個体によっては流れのる水辺にいることもあるので、アラモトサワガニと場所が被ることもあり、生息環境による区別は確かとはいえないかもしれません。


<1枚目:RICOH CX5>
<2枚目:OLYMPUS E-3/ZUIKO DIGITAL ED50mm Macro F2.0+EC-14 Tereconveter/ TF-22 Twin Flash>

[PR]

by kumaken0820K | 2012-08-23 00:35 | 昆虫類
伊平屋島固有の沢蟹 イヘヤオオサワガニ
b0192746_20211410.jpg

沖縄県伊平屋村 2012年8月

20日から2泊3日で伊平屋島へ行ってきました。自宅のある今帰仁村からフェリーに乗って1時間20分で着く、ほぼ散歩感覚で行ける島です。今回のお目当ては伊平屋島の固有種のイヘヤオオサワガニ(Geothelphusa iheya)の撮影でした。このサワガニは、以前沖縄本島に生息するオキナワオオサワガニの亜種とされていましたが、身体の一部の構造に違いが見受けられ、いつしか独立種とされたようです。実際に現物を見るのは今回が初で、本島のオオサワガニ同様大きなカニを想像していましたが、意外にもほとんどの個体が本島産よりも一回り小ぶりでした。生息地の沢では同所でカクレイワガニやベンケイガニといった種もかなりの密度で見かけたので、もしかしたら、極めて狭い生息地でこれらのカニとの占有競争をしているうち小型化したのかもしれません。

b0192746_2338052.jpg

仔ガニを抱いた若い雌個体。母ガニ自体の大きさは小ぶりで、甲幅3センチほど。



今回は雄の個体を一眼レフで収めたかったのですが、滞在2日目に第一ポイントの沢を登る途中2度もハブに遭遇していたので、万が一攻撃を受けそうになったときに回避しやすいようにと、第二のポイントへはできるだけ軽装で行っていました。、そのため一番撮りやすい位置にいた立派な雄個体の写真はコンパクト機で撮影した上の1枚のみとなってしまいました。今更ながらとても残念なことをしてしまったと後悔しています。

<1枚目:RICOH CX5>
<2枚目:OLYMPUS E-3/ZUIKO DIGITAL ED50mm Macro F2.0+EC-14 Teleconverter/TF-22 Twin Flash>
[PR]

by kumaken0820K | 2012-08-22 20:51 | 甲殻類