沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:カエルの仲間 ( 38 ) タグの人気記事

ホルストガエル 渡嘉敷島産
b0192746_21295045.jpg
b0192746_21301652.jpg
[ 沖縄県渡嘉敷島 2017年7月 ]

渡嘉敷島のホルストガエルです。深夜のハブの巣くう急斜面、渓流域を藪漕ぎしながら探し当てました。沖縄本島北部のやんばる産と比べるとやや小型ですが、ずんぐりとした体形はやはり迫力があります。鳴き声は深夜の山間部に木霊するほどでした。おそらく渡嘉敷の個体群の画像は撮影されているものが少ないのではないのでしょうか。
沖縄周辺離島での撮影の醍醐味は、文献上で記録しかない生き物を実際にこの目で確かめて撮影すること言えるかもしれません。案外、図鑑に表記されている記録は30年ほど前など古いものが多く、実際は絶滅、または危機に瀕したものが多く、またその状況に対する対策が全くされていないところが多いというのが、この数年での沖縄周辺離島の撮影で知りました。特に深刻なのはイタチやイノシシの導入による在来生物の捕食圧のようで、慶良間諸島の阿嘉島ではイタチによる食害によって在来のトカゲモドキがほぼ絶滅に近い状況のようです。このような状況は沖縄県の離島以外でも今だ進行中で、喜界島では移入されたイタチによって島に生息する蛇のほとんどが姿を消そうとしています。大きな島の自然環境に配慮するだけでなく、こういった周辺離島の自然環境にも目を向けてもらいたいと切に願っています。

<OLYMPUS OM-D EM-1/M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO/STF-8 Twin flash+FL-300R >

[PR]

by kumaken0820K | 2017-07-21 21:31 | 両生類
アマミハナサキガエル 緑色型 徳之島産
b0192746_02390442.jpg

[ 鹿児島県天城町 2016年9月 ]

[PR]

by kumaken0820K | 2016-09-08 02:39 | 両生類
リュウキュウアカガエル 本部半島産
b0192746_08080483.jpg

[ 沖縄本島本部半島某所 2016年1月 ]

正月の沖縄島北部は意外にも暖かい気温になり、日中最高気温は24℃ほどと、関東ならば初夏の陽気となりました。
こういう日の晩は繁殖期を迎えている両生類たちの活動が活発なようです。翌日仕事を控えていたので、やんばるまでは
行かず、我が家に近い沢でイボイモリを撮影しに出かけました。ところがイモリの姿は1個体のみ確認して終わり。あまり成果が得られなかったので、次はリュウキュウアカガエルを探してみました。こちらは雄のみでしたが、5個体ほど確認。やんばるではすでに産卵を終えているようですが、この場所の個体群は少し遅めのようです。定期的に通って観察してみることにします。


[PR]

by kumaken0820K | 2016-01-05 08:26 | 両生類
アマミアカガエル 奄美大島産
b0192746_15194443.jpg
[ 鹿児島県奄美大島南部 2015年9月 ]

沖縄本島では固有種のカエルをすべて見るのには多少苦労しますが、奄美大島滞在では夜間に様々なカエル達に出会いました。写真はアマミアカガエルで、2011年にリュウキュウアカガエル(沖縄本島、久米島)から別種として独立したアカガエルのようです。


[PR]

by kumaken0820K | 2015-09-23 15:20 | 両生類
アマミハナサキガエル 奄美大島産
b0192746_15131529.jpg
b0192746_15243003.jpg

[ 鹿児島県奄美大島南部 2015年9月 ]

奄美のカエルで最も個体数が多かったのが、アマミハナサキガエルです。沖縄本島北部にも近似種ハナサキガエルが生息しますが、奄美はより大型で緑色型の色がとても鮮やかでした。比較的アプローチもしやすく、撮影にも簡単に応じてくれました。




[PR]

by kumaken0820K | 2015-09-23 15:14 | 両生類
昼間のハナサキガエル
b0192746_22383804.jpg
[ 沖縄県国頭村 2015年3月 ]

< OLYMPUS E-3/ SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG >

[PR]

by kumaken0820K | 2015-03-31 22:40 | 両生類
水中から見たナミエガエル
b0192746_23254480.jpg
[ 沖縄県国頭村 2015年3月 ]

水中に身を潜めるナミエガエル。サワガニを探して石をめくっていると飛び出してきました。日本のカエルでは最も水中活動に適応したカエルのようです。 沖縄県指定の天然記念物。沖縄島北部固有種です。

b0192746_23285856.jpg

< OLYMPUS TG-2 >



[PR]

by kumaken0820K | 2015-03-11 23:26 | 両生類
オキナワアオガエル
b0192746_00052610.jpg
[ 沖縄県国頭村 2015年2月  ]

今年の春は雨が多く、晴れたかと思えば気温の低い日が多いように感じます。その影響もあってか沖縄の冬の風物詩カンヒザクラがいまだに満開の花をつけているのを見かけます。来月は今だ未撮影の”紅いカミキリムシ”を死にもの狂いで探す予定ですが、この異常気象で普通種の昆虫すら数がイマイチです。どうなることでしょうか。。さて写真は沖縄の春の風物詩の一つオキナワアオガエルです。彼らは気温が高かろうが、低かろうがシーズンになるとやんばるはおろか自宅の裏の林や畑でもその姿を見ることができます。それほど珍しくない存在なのですが、今までろくに撮影していませんでした。今回は少しライティング、構図にも拘って撮影にトライしてみました。

< OLYMPUS E-3/SIGMA DC18-50mm F2.8 EX MACRO/内蔵ストロボ+ディフューザー+FL-36R >

[PR]

by kumaken0820K | 2015-03-01 00:16 | 両生類
オキナワイシカワガエル
b0192746_21384816.jpg
b0192746_21390750.jpg
b0192746_21392689.jpg
[ 沖縄本島北部 2015年2月 ]

< OLYMPUS E-3 /SIGMA DC 18-50mm F2.8  EX MACRO /内蔵ストロボ+ディフューザー+FL-36R >


[PR]

by kumaken0820K | 2015-02-27 21:42 | 両生類
本部半島のリュウキュウアカガエル
b0192746_12055898.jpg

b0192746_12060881.jpg


[ 沖縄県本部半島某所 2014年12月 ]

だいぶ更新を怠っていましたが、5日ほど前に故郷神奈川より沖縄へ戻りました。今回の帰省で5キロほど体重がふえてしまったので、肥えた体を慣らすべく、昨日は自宅からほど近い沢へ夜間のリュウキュウアカガエルを撮影しに出かけました。この時期彼らは繁殖シーズン真っ盛りで、夜の沢の岸部ではささやくような声でピチュッ♪ピチュッ♪と雄ガエル達が合唱をしています。その声に導かれ沢の斜面では雄より一回り大きな雌たちが、卵を持った大きなお腹で雄たちの集う水辺へ移動している姿がちらほら見られました。ここ本部半島のポイントではこれからどんどんと沢に集結し、産卵をするようですが、場所によって包接、産卵に至る日は異なるようで、他の情報では沖縄の最北やんばるではすでに産卵は始まっているようです。

< Nikon D7100 / Tamron SP AF 90mm MACRO  F2.8 DiⅡ 272EN /内蔵ストロボ+ディフューザー+FL-36R >

[PR]

by kumaken0820K | 2014-12-25 12:22 | 両生類