沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2016年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

イボイモリ 2016
b0192746_20284479.jpg

[ 沖縄県今帰仁村 2016年1月 ]

今年の沖縄は過去に類を見ない異常気象の影響で、霙が降ったり、野生植物の花が狂い咲きしたりで、撮影のチャンスがイマイチよく掴めない出だしとなりました。例年ならばこの時期、夜間気温が10℃代後半であればやんばるの渓流へカエルの撮影しに向かいますが、あまりにも連日冷え込みが激しかったためか、体が参ってしまい、半月前から風邪をこじらせてしまう始末。おそらく今期のやんばるのフィールド撮影は無理そうです。写真は先月の始め頃、自宅近辺の里山で夜間見つけたイボイモリ(沖縄県指定天然記念物)です。冬季が繁殖期のようで、だいたい1月~3月の間に局所的に数個体が群れている姿を目にします。年によっては12月のクリスマスあたりでもフィールドでペアが折り重なっている姿を見かけたこともあるので、多少シーズンは前後するようです。

< OLYMPUS OM-D EM-1/M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 PRO/FL-600R+FL-300R >


[PR]

by kumaken0820K | 2016-01-30 20:30 | 両生類
ショウリョウバッタの幼虫
b0192746_00042781.jpg

[ 沖縄県今帰仁村 2016年1月 ]

< OLYMPUS OM-D EM-1/SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG +MMF-3 Mountadapter /FL-36R >
 

[PR]

by kumaken0820K | 2016-01-19 00:05 | 昆虫類
キスジホソヘリカメムシとホソヘリカメムシ
b0192746_09463567.jpg
キスジホソヘリカメムシ Riptortus linearis
b0192746_09490858.jpg

ホソヘリカメムシ Riptortus clavatus

[ 沖縄県今帰仁村 2016年1月 ]


< OLYMPUS OM-D EM-1/SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG/FL-36R >




[PR]

by kumaken0820K | 2016-01-18 09:52 | 昆虫類
沖縄本島北部固有種 オキナワセッコク
b0192746_22350366.jpg
b0192746_22352269.jpg
b0192746_22354612.jpg
[ 沖縄県国頭村 2016年1月 ]

植物調査の仕事に同行させて頂いたときに見た着生ランの仲間オキナワセッコクです。沖縄本島北部”やんばる”固有種のランです。樹高10メートルほどの樹皮に着生するそうなので、僕のような素人は双眼鏡なしには探せません。撮影機材はテレ端200mmの望遠ズームレンズに2倍テレコンを噛ませていますが、それでもやっとこさというくらい高い場所にありました。花はすでに終わりを迎えている個体が多く、2か月前にはピークを過ぎてしまっているのではないかということでした。3枚目はかろうじて花がついていた個体です。

< OLYMPUS OM-D EM-1/ZUIKO DIGITAL ED50-200mm F2.8-3.5(旧)+EC-20+MMF-3 Mountadapter  >

 


[PR]

by kumaken0820K | 2016-01-10 22:38 | 植物
身近なヤゴの見分け方
書籍のお知らせです。
いつもお世話になっている横浜在住のトンボ専門家 梅田孝さん が昨年末に本を出版されたので、ご紹介します。
神奈川県の横浜市に生息するトンボの幼虫(ヤゴ)のとてもわかりやすい解説と生態写真、細部がよく見える白抜きのヤゴのスタジオ写真、飼育方法などが詰まった1冊です。

ここまで” ヤゴ ”について詳しく紹介された本はまたとありません!

発行部数も僅かだそうなのでご注文はお早めに。



Amazonでも販売中です。

b0192746_20014422.jpg

[PR]

by kumaken0820K | 2016-01-06 20:04 | 書籍の紹介
アカヒラタカメノコハムシ 2016
b0192746_00394166.jpg

[ 沖縄県名護市 2016年1月 ]

< OLYMPUS OM-D EM-1/SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG+MMF-3 Mountadapter /FL-LM2 >

[PR]

by kumaken0820K | 2016-01-06 00:41 | 昆虫類
シリケンイモリ 2016
b0192746_22181047.jpg
[ 沖縄県名護市 2016年1月 ]

< OLYMPUS OM-D EM-1/SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG/FL-LM2 > 


[PR]

by kumaken0820K | 2016-01-05 22:19 | 両生類
コガタスズメバチ 沖縄島産


b0192746_11170446.jpg
b0192746_11203416.jpg


[ 沖縄県名護市 2016年1月 ]

今年の1月の沖縄本島北部は思った以上の暖冬で、フィールドへ出れば昼夜問わず、様々な生き物に出会います。写真は今日の昼間に撮影したコガタスズメバチ。”コガタ”とはつくものの沖縄に生息するスズメバチ科では最大種。毒性はどれほどかわかりませんが、本土と同じく、危険なハチとして恐れられています。ここ7年野外で本種を見かける機会は多からず、少なからずという微妙な感じで、複数の個体を同時に見かけることはあまりありませんでした。今回は樹木の花に数十個体が訪れていたので、撮影にトライしてみました。ストロボの装備が不十分で、最初はその敏捷な動きについていくのが困難でしたが、30分ねばってやっと形になるようなものが撮れました。動きをずっと観察しているとやはり彼らも動きに愛嬌のある生き物で、見ていて飽きません。

訂正:図鑑を見たところ沖縄県内生息のスズメバチ科の最大種はヒメスズメバチ 37mmのようです。

< OLYMPUS OM-D EM-1/SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG+MMF-3 Mountadapter/FL-LM2 >


[PR]

by kumaken0820K | 2016-01-05 17:34 | 昆虫類
リュウキュウアカガエル 本部半島産
b0192746_08080483.jpg

[ 沖縄本島本部半島某所 2016年1月 ]

正月の沖縄島北部は意外にも暖かい気温になり、日中最高気温は24℃ほどと、関東ならば初夏の陽気となりました。
こういう日の晩は繁殖期を迎えている両生類たちの活動が活発なようです。翌日仕事を控えていたので、やんばるまでは
行かず、我が家に近い沢でイボイモリを撮影しに出かけました。ところがイモリの姿は1個体のみ確認して終わり。あまり成果が得られなかったので、次はリュウキュウアカガエルを探してみました。こちらは雄のみでしたが、5個体ほど確認。やんばるではすでに産卵を終えているようですが、この場所の個体群は少し遅めのようです。定期的に通って観察してみることにします。


[PR]

by kumaken0820K | 2016-01-05 08:26 | 両生類
アマミタカチホ 2016
b0192746_18065408.jpg

b0192746_18110281.jpg

[ 沖縄県今帰仁村 2016年1月 ]

< OLYMPUS OM-D EM-1/M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 /FL-LM2+FL-300R >

[PR]

by kumaken0820K | 2016-01-04 18:11 | 爬虫類