沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

冬の風物詩 タテオビフサヒゲボタル
b0192746_21045453.jpg

[ 沖縄本島北部 2015年11月 ]

この日は調査の仕事で沖縄島北部の山奥深くへ入っていました。途中出会った昆虫はタテオビフサヒゲボタル 。冬にだけ成虫が姿を現す蛍の仲間です。幼虫は5月頃見られ、よく光りますが、成虫はよくわかりません。おそらく発光器らしいものは持っているとは思うのですが、確証が持てません。和名にある房ように枝分かれした触角をよく振り回している姿をよく見かけますが、雌の出すフェロモンをこれで感じ取っているのでしょうか。昆虫を撮影することに興味はあるものの、まだまだ分からないことだらけです。

<  OLYMPUS TG-4  >

[PR]

by kumaken0820K | 2015-11-30 21:13 | 昆虫類
渓流性植物 ナガバハグマ
b0192746_23545694.jpg
b0192746_23580197.jpg
[ 沖縄本島北部 2015年11月 ]

11月も残りわずか。それまで暖かかった沖縄島北部も昨日からは北風が吹きすさび、急激に冬らしい陽気になりました。今日は仕事の関係でやんばるの渓流を歩きました。そこで出会ったのは沖縄の冬ならではの渓流性植物ナガバハグマ。お気に入りの植物です。山地の尾根などで見られるオキナワテイショウソウ(別名:マルバハグマ)が渓流環境に適応したもので、増水時の渓流の速い流れに対応できるよう葉の面積を狭くし、水の抵抗を和らげているそうです。

< OLYMPUS TG-4 >


[PR]

by kumaken0820K | 2015-11-27 00:09 | 植物
ハブ 久米島産 沖縄島型
b0192746_03384652.jpg



b0192746_03400481.jpg

b0192746_03373171.jpg


[ 沖縄県久米島町 2015年10月 ]

< OLYMPUS E-3/SIGMA DC18-50mm F2.8 MACRO/STF-22 Twinflash+FL-36R >

[PR]

by kumaken0820K | 2015-11-26 03:32 | 爬虫類
オオサワガニを捕食するモクズガニ
b0192746_08122497.jpg

[ 沖縄県本部半島某所 2015年11月 ]

やんばるでの探索の帰りに本部半島某所にあるオキナワオオサワガニの新産地を覗いてきました。時期的なものなのか、あるいは夏場の草刈りによる環境変化の影響か、以前見た時より個体数は激減し、幼体、成体を合わせて4個体だけ確認という結果に終わりました。今年の初夏から定期的に観察してきた場所ですが、ここまで少ないと少し心配になります。そして帰り際に見た水たまりではモクズガニがオオサワガニを襲って食べていました。食べられているオオサワガニはモクズガニとほぼ同じ大きさのようですが、体の硬さ、挟む力の面では後者に軍配があがるようです。すべてのサワガニは一生を淡水で生活しますが、モクズガニはモクズガニ科というグループに属するカニで、成体は淡水域で生活し、産卵は海へ下って行います。そして卵から孵った幼生は海中で漂流生活を送るようです。よく川にいるということでモクズガニをサワガニと思う人が多いのですが、両者は分類上全く違うカニです。

< OLYMPUS TG-4 >

[PR]

by kumaken0820K | 2015-11-25 08:32 | 甲殻類
アマミノコギリクワガタ 2015
b0192746_22322881.jpg
[ 鹿児島県奄美大島 2015年9月 ]

沖縄本島より北に位置する奄美大島。同じ琉球列島でも秋口の夜間はそれなりに肌寒く、半袖ではうろつけません。こんな陽気ではさすがにアマミノコギリクワガタなんて見れないだろうと半分諦めていたのですが、70mm程度の見事な雄個体に出会うことができました。元気な個体で、威嚇もパワフル。大アゴを左右に振り回しては、ガチッガチッと音を鳴らしていました。その他一回り小さい大歯型の雄も何匹か見られたので、晩夏より数は減るものの、初秋ぐらいでは彼らの活動は鈍らないようです。

b0192746_01275136.jpg



< OLYMPUS E-3/SIGMA DC18-50mm F2.8 MACRO/STF-22 Twinflash+FL-36R >




[PR]

by kumaken0820K | 2015-11-09 22:36 | 昆虫類
新フェリーきかい 2015
b0192746_10315154.jpg
[ 鹿児島県奄美大島 2015年9月 ]

9月の北琉球遠征で喜界島から奄美大島に渡る際に乗船した フェリー” きかい ” 2015年式です。本船は同年3月に就航したばかりの新米船で、緒元によれば先代のフェリーきかいよりも全長が10メートル短縮され、速力も1.5ノット早くなったようです。

< OLYMPUS OM-D EM-5/M.ZUIKO DIGITAL ED12-50mm F3.5-5.6 >

[PR]

by kumaken0820K | 2015-11-09 10:33 | 船舶
アケビドコロの雌花
b0192746_22163187.jpg
[ 沖縄本島北部 2015年11月 ]

< OLYMPUS OM-D EM-5/M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 /SLIK 三脚+ケーブルレリーズ >


[PR]

by kumaken0820K | 2015-11-07 22:18 | 沖縄の野生植物
サカモトサワガニの比較
b0192746_23143184.jpg
沖縄本島南部産


b0192746_23154595.jpg
奄美大島北部産

写真はサカモトサワガニで、上下で産地が異なります。今回は分布の南限の個体と、北限の個体のスタジオ撮影の写真で比較してみました。本種は琉球列島に生息するサワガニで最も分布域の広いサワガニですが、その容姿や生態は実際に見てみると、地域によって別種かと思うほど異なります。



b0192746_07304706.jpg
b0192746_07290304.jpg


< OLYMPUS OM-D EM-5/M.ZUIKO DIGITAL ED60mm F2.8  MACRO/FL-300R×2+FL-LM2 >



[PR]

by kumaken0820K | 2015-11-01 23:18 | 甲殻類
リュウキュウルリモントンボ 久米島産
b0192746_07433710.jpg

b0192746_07291630.jpg
雄個体 (上2枚)


[ 沖縄県久米島町 2015年10月 ]

秋の久米島の渓流ではリュウキュウルリモントンボがよく見られました。この細見なトンボは沖縄島のやんばるや渡嘉敷島、阿嘉島、座間味島、伊平屋島にも分布していて、各島で微妙な違いがあるようです。

b0192746_07321102.jpg
産卵する雌

< 1・2枚目:OLYMPUS E-3/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8  EX DG/FL-36R >

<3枚目:OLYMPUS TG-4/F-CON T0-1 >



[PR]

by kumaken0820K | 2015-11-01 07:41 | 昆虫類