沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ジャコウアゲハの幼虫

b0192746_20012989.jpg
b0192746_19495115.jpg
[ 沖縄県今帰仁村 2014年11月 ]

しばらく体調をくずしていたので更新が滞っていましたが、今日の休みは重い腰を上げ買い物、散歩がてら近所のフィールドを歩いてみました。もう冬みたいなものだしあまり期待していませんでしたが、路肩のウマノスズクサの茎を這うジャコウアゲハの幼虫を目にしたので撮影してみました。今の時期にそこそこのサイズまで育っているので、おそらく来年の2月、桜祭りあたりに羽化するのかもしれません。

< Nikon D7100/ TAMRON SP Di AF90mm F2.8 MACRO 272E /内蔵ストロボ+ディフューザー>

[PR]

by kumaken0820K | 2014-11-19 19:59 | 昆虫類
クメジマオオサワガニ
b0192746_00372503.jpg
[ 沖縄県久米島町 2013年5月 ]

昨年の久米島で撮影したクメジマオオサワガニです。名実ともに久米島固有種。実は日本産サワガニの中では大のお気に入りです。本種の魅力はやはりその巨大さとエキゾチックな体色。また成熟した雄個体の肥大したハサミが他種のオオサワガニと比較すると特異でそれもまた魅力として外せません。またいつか撮影してみたい被写体のひとつです。

< OLYMPUS E-3/ ZUIKO DIIGITAL ED14-54mm F2.8-3.5+EC-14 Teleconverter+STF-22 Twinflash >

[PR]

by kumaken0820K | 2014-11-13 00:45 | 甲殻類
リュウキュウミスジ
b0192746_21522331.jpg

[ 沖縄県大宜味村 2014年11月 ]

先週行った大宜味村でリュウキュウミスジを多数見かけました。その多くが新鮮な個体だったので、今年最後の個体群でしょうか。

< Nikon D7100/ TAMRON SP Di AF 90mm  F2.8 MACRO  / 内蔵ストロボ+ディフューザー >

[PR]

by kumaken0820K | 2014-11-10 21:50 | 昆虫類
カンヒザクラ咲く
b0192746_22351232.jpg
[ 沖縄県大宜味村 2014年11月 ]

一瞬目を疑いましたが、すでにカンヒザクラが咲き始めていました。この株だけだったので、だいぶせっかちな個体だったのでしょうね。。

< Nikon D7100/ TAMRON SP Di AF90mm MACRO F2.8 >

[PR]

by kumaken0820K | 2014-11-08 22:40 | 植物
オキナワイナゴモドキ
b0192746_23154828.jpg
幼虫

b0192746_11362520.jpg
成虫

[ 沖縄県大宜味村 2014年11月 ]

昨日は大宜味のターブク(田んぼ)を訪れてみました。ここは稲作というよりはイグサ、タイモ、観葉植物の栽培が盛んです。その一角のタイモ畑に目をやると、その葉には無数の茶色いバッタの幼虫が群れていました。これはオキナワイナゴモドキというバッタの幼虫で、親はイナゴを細くしたような体形をしています。やや乾燥した草地に住むイナゴに比べ、本種が好む環境は水田のミズイモやスイレンの葉上です。つまりは水上での生活を好むわけで、陸上に生える草地ではほとんど見かけません。ある意味バッタ類では特殊な生息環境で生活するようです。バッタに詳しい人からすれば、コイツは「イナゴにしては妙な姿をしたヤツだなあ」と本家イナゴとはすぐ区別がつくわけですが、一般にはタダのイナゴじゃないかと思われてスルーされてしまうのが普通でしょう。

<1枚目:Nikon D7100/TAMRON SP AF 90mm F2.8 MACRO/内蔵ストロボ+ディフューザー >

<2枚目:Nikon D7100/ SIGMA APO MACRO 180mm F3.5D / 内蔵ストロボ+ディフューザー >

[PR]

by kumaken0820K | 2014-11-06 11:37 | 昆虫類
モンキアゲハとナガサキアゲハの吸水行動



b0192746_20092391.jpg
b0192746_20102450.jpg


[ 沖縄県大宜味村 2014年11月 ]

< Nikon D7100 / TAMRON SP AF ASPHERICAL DiⅡ 11-18mm F4.5-5.6/内蔵ストロボ+ディフューザー >

[PR]

by kumaken0820K | 2014-11-05 20:15 | 昆虫類
ルリスズメ
b0192746_22575951.jpg
[ 沖縄県今帰仁村 2013年9月 ]

今日から沖縄も僅かに冬の気配を感じるようになりました。ここまで来るともう水着一枚で海で泳げる季節ではありませんね。写真は昨年撮影したルリズズメ 。使用したのは今から15年ほど前のデジタルカメラと専用の水中ハウジングで画素数は500万画素ほどです。ズームやオートフォーカスの操作性に古めかしさを感じましたが、これも味があっていいものです。ハウジングは頂きもので、ところどころ経年劣化が見られるので、来シーズンの使用は厳しいかもしれません。

< OLYMPUS C5050Z /内蔵ストロボ / 専用ハウジング >

[PR]

by kumaken0820K | 2014-11-03 23:07 | 魚類
本の紹介
IMG_20141031_0002

「日本にしかいない生き物図鑑」

PHP研究所出版 監修:今泉忠明 氏

仕事から帰ると1冊の本が届いていました。”日本にしかいない生き物図鑑”(出版:PHP研究所) 本書は僕が琉球列島で撮影したハブ3種 ホンハブトカラハブサキシマハブの写真、ヤンバルテナガコガネの写真を提供させていただいた本で、完成を心待ちにしていました。写真提供者には憧れの写真家の方々のお名前もあり、本書の製作企画に携わらせて頂き本当に光栄でした。(特にハブは本当に命がけの撮影だったので・・)この本の魅力は題名のとおり日本にしか生息しない生き物を取りあげていて、本州でおなじみのカモシカ、ノウサギやニホンザル、ヤマネ、サンショウウオといった哺乳類を始め、沖縄のヤンバルクイナ、ノグチゲラ、小笠原の固有種の昆虫、鳥類まで網羅した内容となっています。僕自身狭い国土の日本にこんなにも多種多様な固有種がいたことに改めて気づかされましたので読めば読むほど目から鱗でした。主に小・中学生対象の構成となっているようですが、専門的な内容も写真と一緒にわかりやすく盛り込まれているので、大人の方でもお子さんと一緒に、学びながら楽しめる一冊となっています。今回本書制作企画にお声掛け下さった出版社の方には心よりお礼申し上げます。

本は下記Amazon URLから購入できます↓

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4569784267/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4569784267&linkCode=as2&tag=photombo-22



[PR]

by kumaken0820K | 2014-11-01 09:59 | 日常