沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

名護市街を望む
b0192746_21083378.jpg
[ 沖縄県名護市 2014年10月 ]

いよいよ10月も終わります。そしてあと2か月で今年は幕を閉じます。こんなことを言うのはちょっと早すぎかもしれませんが。。
虫を追うぼくにとってこれから3月にかけてがシーズンオフ。昆虫が少なくなるので、これでやっと落ちつくことが出来ます。。と言いたいところですが、今年は偶数年なのでクリスマスから年末あたりに森で大発生するあの毛むくじゃらの虫を撮影しに夜な夜なヤンバルへ出ねばなりません。結局なんかんだ落ち着かない2014年です。毛むくじゃらの虫の正体は乞うご期待といことで。。
写真は名護岳の峠を走る道路から名護市街地を眺めた時のものです。24歳にして単独で移り住んだ沖縄本島北部。まだ家も見つかってない頃、初めて撮影した景色がここからの眺めでした。なんだかんだ6年目を迎えた今年ですが、例年と変わらず仕事をしながら年中生き物の写真、写真の生活でした。今現在もこうして同じことをしていることに幸せを感じる昼下がりでした。

< Nikon D7100/ AF-S Nikkor 18-55mm F3.5-5.6G >

[PR]

by kumaken0820K | 2014-10-31 21:26 | 風景写真
ササキリ
b0192746_1140851.jpg



b0192746_11402994.jpg



[ 沖縄県大宜味村 2014年10月 ]

D7100とTAMRON製90mmマクロレンズの組み合わせでササキリを撮影してみました。体長僅か1センチ前後。さすがにこのサイズとなると手ぶれに注意して撮影しなければなりません。でもフィルムカメラ時代は手振れどころか適正な露出、シャッター速度、ストロボ発行量なども意識して撮影しないとならなかったわけですから、これぐらいで弱音を吐いてはいられませんね。

< Nikon D7100/ TAMRON  SP AF Di 90mm F2.8  MACRO / SB-600 >
[PR]

by kumaken0820K | 2014-10-29 11:48 | 昆虫類
キイロヒトリモドキ
b0192746_1225385.jpg

[ 沖縄県今帰仁村 2014年10月 ]

今帰仁村(なきじんそん)のフィールドを徘徊中にであった蛾の仲間キイロヒトリモドキ 。決して珍しい昆虫ではありませんが、そのビビッドな色合いには惹かれます。

< Nikon D7100/ SIGMA APO MACRO 180 F3.5D /SB-600 >
[PR]

by kumaken0820K | 2014-10-29 01:26 | 昆虫類
ムラサキサワガニ
b0192746_1691314.jpg

[ 沖縄県石垣市 2013年10月 ]

話題は飛んで昨年の石垣島の話題です。10月にもなると沖縄も涼しい風が吹き、ようやく秋の訪れを感じるようになりました。僕はこの時期毎年石垣島へ飛んでいたので、八重山のセミ、イワサキゼミやタイワンヒグラシの合唱が今年は聞けないのだなあと恋しくなるものです。写真はムラサキサワガニというサワガニの仲間。渓流付近の湿地帯に浅い穴を掘って住み、陸地を徘徊することはなく、ほとんどを水中で過ごします。甲幅は3センチ半ばほどで、この仲間では中型の大きさです。沖縄本島とその周辺の島々には同系統近縁種がおらず、西表島と台湾に近似種が生息しているようです。また西表島生息の褐色サワガニとは亜種の関係だったようですが、最近分類見直されたようで別種扱いとなったようです。

< OLYMPUS E-3/Fit 魚露目8号+ZUIKO DIGITAL ED25mm F2.8 +EC-20 Teleconverter /STF -22 Twinflash >
[PR]

by kumaken0820K | 2014-10-28 16:40 | 甲殻類
ホソヘリカメムシ 沖縄島産
b0192746_1463619.jpg

[ 沖縄県大宜味村 2014年10月 ]

OLYMPUSのデジタル一眼レフカメラではボディ側で手ぶれ補正が効くので、フィルムカメラ時代のOMレンズでも手ブレを気にせず撮影できます。これがNikon機ではボディ内ではなく、装着するレンズ側で手ブレ補正をするためVR機能(Vibration Reduction:手ブレ補正)が搭載されたレンズでないといけません。なのでNikon機で小さな昆虫を撮影するときは3カット撮るにもかなり慎重に構えなければならないわけですが、これがPLYMPUSのボディ内手ブレ補正の恩恵を受けていた僕にはかなり苦戦を強いられています。写真はホソヘリカメムシ 。レンズは180mm望遠レンズ。主に蝶トンボなど接近の難しい昆虫撮影に使いますが、このときはレンズ交換が面倒だったので、大して距離のないシチュエーションで使用してみました。このレンズはVR機能搭載レンズではないので、鏡筒が長い分、重くブレやすいのでだいたい保険をかけて5カットあたりまでは撮影しました。

< Nikon D7100 / SIGMA APO MACRO 180mm F3.5D /SB-600 >
[PR]

by kumaken0820K | 2014-10-24 02:09 | 昆虫類
リュウキュウウラナミジャノメ
b0192746_151697.jpg

通常撮影

b0192746_154354.jpg

DXクロップモード時

[ 沖縄県大宜味村 2014年10月 ]

使用機材にNikonのD7100を導入してから1週間が経ちました。頂き物のD300で練習してNikon機のイメージを掴んでいたはずだったのですが、やはりまだOLYMPUSを使用しているときのクセが抜けません。やはりメーカーが違うと、同じデジタルカメラであっても全くと言って良いほど使い勝手が違ってきます。さて今回はリュウキュウウラナミジャノメの投稿です。これはD7100に搭載されている※DXクロップモードのテストに選んだ被写体です。このモードはけっこう便利な機能でOLYMPUSでいうデジタルテレコンに近いもののように感じました。ただDXフォーマット(APS-C)のほうが撮像素子にキャパシティがあるからなのか画質はマイクロフォーサーズのデジタルテレコンより良いようです。

※装着レンズの約1.5倍の焦点距離のレンズに相当する撮影画角になるDXフォーマットから、さらに約1.3倍、すなわち装着レンズの約2倍相当の撮影画角となる撮像範囲を得られる機能

< Nikon D7100 / SIGMA APO MACRO 180mm F3.5D / SB-600 /DX クロップモード×1.3 >
[PR]

by kumaken0820K | 2014-10-22 01:29 | 昆虫類
オキナワクワゾウムシ
b0192746_20444577.jpg


b0192746_20452961.jpg


[ 沖縄県大宜味村 2014年10月 ]

沖縄で普通に見られる虫の一つオキナワクワゾウムシです。彼らはほぼ1年中活動しているので時期を選ばずとも出会えるわけです。今日はそんな普通種の面白い場面を目撃しました。雌を巡って2匹の雄が争っていたのです。本種に限らず他のゾウムシまたは甲虫でも見られる行動ですが、新しく導入した機材のテストも兼ね撮影してみました。途中足元の雑草に足をすくわれ大勢を崩したので結局どちらの雄が勝ったのか見ていませんでしたが、どうやら最初に雌を確保した雄が勝利を獲得したようです。

< Nikon D7100/ TAMRON SP AF 90mm F2.8 Di MACRO /SB-600 >
[PR]

by kumaken0820K | 2014-10-18 20:56 | 昆虫類
クルマバッタ 褐色型
b0192746_19514064.jpg

[ 沖縄県大宜味村 2014年10月 ]

台風19号が去ってからは急激に寒くなってきている沖縄本島北部です。今日は割と天気が良かったのですが、僅かでも日が陰ると肌寒く、今年は冬の足音が早いものだなあと思うのでした。写真はクルマバッタ 。本土ではもう発生が終盤でしょうか。沖縄では周年見られますが、やはり冬場は数が減ります。

< Nikon D7100/ SIGMA APO MACRO 180mm F3.5D /SB-600 >
[PR]

by kumaken0820K | 2014-10-18 20:00 | 昆虫類
アオアシシギ
b0192746_17521297.jpg


[ 沖縄県大宜味村 2014年10月 ]

たまには野鳥を撮影しようということで大宜味村の田園地帯へ足を伸ばしました。今日は天気も良かったので、サシバ、チドリ、サギなど様々な野鳥が田んぼへやってきていました。猛禽類サシバの優雅に飛ぶ姿を見ていると、彼らから地上はどのように見えているのかなと想像するだけで清々しい気持ちになります。さて肝心な野鳥の撮影はというと、やはりそこのところ超初心者なのでことごとく鳥に逃げられ、惨敗に終わりました。やはりこの分野は昆虫写真以上に経験を積まないと厳しい世界のようです。。辛うじて撮れたのはアオアシシギ。この分野ではかなりポピュラーそうな鳥です。まあここまで写真というものを続けて来たのでめげずに練習を積みたいと思います。

< Nikon D7100  / AF VR-NIKKOR 80-400mm F4.5-5.6D /DX クロップモード ×1.3 >
[PR]

by kumaken0820K | 2014-10-18 17:41 | 鳥類
日本最小の蝶はどっち? リュウキュウウラボシシジミとホリイコシジミ
b0192746_13563241.jpg

リュウキュウウラボシシジミ 沖縄県国頭村 2014年10月 

b0192746_13574184.jpg

ホリイコシジミ   沖縄県石垣市 2013年10月

先日のやんばるで日本最小の蝶リュウキュウウラボシシジミに多数出会いました。撮影中ふと思ったのは本種より小さいホリイコシジミは何故日本最小種の蝶と紹介されないのか?という疑問です。先ほどネットで調べて数件の文献に目を通すと、ホリイコシジミは台風などで一時的に産する”迷蝶”という扱いになっていて、完全な定着が確認されていないことからかどうも国内に産する蝶という扱いになっていないようです。。
[PR]

by kumaken0820K | 2014-10-16 14:15 | 昆虫類