沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 09月 ( 36 )   > この月の画像一覧

スナアカネ 渡嘉敷島にて
b0192746_12044887.jpg
[ 沖縄県渡嘉敷村 2014年8月 ]

渡嘉敷島滞在中東岸の展望台で休憩中に出会ったスナアカネです。同じ場所には色がそっくりなウスバキトンボが群れていたので、枝にとまるまでは気付きませんでした。羽はボロボロでおそらく台風に乗ってどこからか迷い込んだのでしょうか。

< OLYMPUS OM-D EM-5 / M.ZUIKO DIGITAL ED60mm F2.8 MACRO >

[PR]

by kumaken0820K | 2014-09-28 12:10 | 昆虫類
渡嘉敷島阿波連にて
b0192746_11001904.jpg
b0192746_11004411.jpg
[ 沖縄県渡嘉敷村 2014年8月 ]


<OLYMPUS OM-D EM-5 / ZUIKO DIGITAL ED11-22mm F2.8-3.5+MMF-3 Mountadapter+C-PL filter >


[PR]

by kumaken0820K | 2014-09-28 11:05 | 風景写真
マメクワガタ
b0192746_11072816.jpg
[ 沖縄県伊平屋村 2014年8月 ]

先月の始めに行った伊平屋島での1枚です。一般に写真だけ見てこの昆虫は一体何の仲間なのか想像のつく人は少ないでしょう。
これはマメクワガタという列記としたクワガタの仲間で体長は大きくても1センチほどにしかなりません。またその生活場所も人目につかない場所で、朽木の中に少数の群れを作って暮らしています。沖縄県生息のクワガタムシでは最小種ですが、本州にはこれよりさらに小さいマダラクワガタという全長5ミリに満たないクワガタが生息していて、これは日本最小だけではなく、世界最小のクワガタなのだそうです。
体が小さいだけに撮影時はピント合わせに苦戦しました。OLYMPUSの純正50ミリマクロレンズでは1.4倍テレコンレンズを継ぎ足しても倍率が低いので、等倍撮影が可能の社外製SIGMA105mmマクロに1.4テレコンの組み合わせで使用しました。鏡筒が長くなるぶん手ぶれも起こりやすく、また機材の総重量自体がだいぶ重くなるので、構える姿勢にも苦戦しました。

< OLYMPUS E-3/ SIGMA 105mm F2.8 MACRO+EC-14 Teleconverter /STF-22 Twinflash >

[PR]

by kumaken0820K | 2014-09-27 08:59 | 昆虫類
クロイワツクツクとオオシマゼミの比較
b0192746_21313934.jpg

クロイワツクツク(左)とオオシマゼミ(右)

[ 沖縄県名護市・国頭村 2014年9月 ]

以前から気になつていたクロイワツクツクオオシマゼミの比較写真を撮影してみました。(写真の接着加工は妹に頼んでいます。)
このように見てみると体色、模様、頭部の幅や複眼の位置がだいぶ違いますね。

< OLYMPUS E-3/ ZUIKO DIGITAL ED50-200mm F2.8-3.5+EC-14 Teleconverter +FL-36R >

[PR]

by kumaken0820K | 2014-09-26 01:13 | 昆虫類
リュウキュウハグロトンボ♂
b0192746_20043165.jpg
[ 沖縄県国頭村 2014年9月 ]

思ってたとおり昨日のやんばるは涼しい風が吹き、秋の訪れを感じる1日でした。渓流ではリュウキュウハグロトンボたちが縄張りや雌を巡って争う光景がありました。毎年当たり前に見てきた光景ですが、今考えてみれば実家のある神奈川ではこのカワトンボの仲間はとっくに姿を消している時期なんですよね。

< OLYMPUS E-3/ ZUIKO DIGITAL ED50-200mm F2.8-3.5+EC-14 Teleconverter/FL-36R >



[PR]

by kumaken0820K | 2014-09-25 20:05 | 昆虫類
ツルラン
b0192746_22153653.jpg
[ 沖縄県国頭村 2014年9月 ]

やんばるの森で不思議な形の花を見かけました。図鑑だか、博物館だかどこかで見たことあるのに名前が思い出せない。。
早速家にあったハンドブックで検索してみたらば、ツルランという名の植物でした。やんばるでは初めて見る花なのできっと珍しい種類なのでしょう。

< OLYMPUS E-3/ZUIKO DIGITAL ED14-54mm F2.8-3.5+EC-14 Teleconverter >


[PR]

by kumaken0820K | 2014-09-24 22:21 | 植物
オキナワイシカワガエル
b0192746_19514863.jpg
[ 沖縄県国頭村 2014年9月 ]

今年の森歩きは何故かこのオキナワイシカワガエルと縁があります。この個体はスダジイの根の上でじっとしていて、またとても良ポーズでいてくれたのですが、全く逃げる様子がないので、おかしいなと思いよく見てみると、写真では分かりませんが、右足の先端を欠損していました。おそらく天敵か何かに襲われて失ったのでしょう。リュウキュウヤマガメなどでも足を欠損している個体を見かけますが、カエルの例は初めてでした。



[PR]

by kumaken0820K | 2014-09-24 19:52 | 両生類
オオシマゼミ
b0192746_19052379.jpg

[ 沖縄県国頭村 2014年9月 ]

まだまだ暑さの長引く沖縄本島北部です。明日の予報では夕方あたりから風向きが北よりに変わるようなので、やっと秋めいた空気になるのでしょうか。さて沖縄の秋を代表する昆虫のひとつにオオシマゼミというセミがいます。チャーンス♪チャーンス♪という甲高い鳴き声はやんばるの秋に相応しい音色です。先週あたりはちらほらと鳴いている程度でしたが、一昨日のやんばるではその勢力がクロイワツクツクを凌いでいました。



b0192746_19263389.jpg

< OLYMPUS E-3/ ZUIKO DIGITAL ED50-200mm F2.8-3.5 / FL-36R >

[PR]

by kumaken0820K | 2014-09-24 19:09 | 両生類
オキナワヒサゴクサキリ
b0192746_18494646.jpg
[ 沖縄県国頭村 2014年9月 ]

昨夜の森歩きで出会ったオキナワヒサゴクサキリです。今まで本種を撮影したのはトカラ列島の口之島、悪石島、慶良間諸島の阿嘉島だったのでやっと本家(?)の沖縄本島の個体を撮影できました。

< OLYMPUS E-3/ZUIKO DIGITAL ED50mm F2.0 MACRO/STF-22 Twinflash >

[PR]

by kumaken0820K | 2014-09-24 18:58 | 昆虫類
オキナワネブトクワガタ
b0192746_09320728.jpg



[ 沖縄県国頭村 2014年9月 ]

近頃の夜間撮影では必ずと言って良いほどオキナワネブトクワガタに出会います。それも全長8ミリほどの雄ばかり。個体数は多くても大型の雄に出会うのはなかなか難しいようです。

< OLYMPUS E-3 / ZUIKO DIGITAL ED50mm F2.0 Macro +EC-14 Teleconverter /STF-22 Twinflash >




[PR]

by kumaken0820K | 2014-09-24 02:45 | 昆虫類