沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧

アマミアオジョウカイとオキナワアオジョウカイ
b0192746_20335387.jpg

アマミアオジョウカイ
b0192746_20342526.jpg

オキナワアオジョウカイ

[ 沖縄県名護市 2014年3月 ]

今日はテレビ史上最大のイベントである笑っていいとも最終回でしたが、それを見るのを犠牲にしてまでもフィールドへ出ました。。今年初のアマミアオジョウカ   (上)とやんばる固有種であるはずのオキナワアオジョウカイを撮影。後者の分布の南限はどうやら名護のようです。やんばる(=沖縄島北部)産よりは小型で、アマミアオジョウカイの変異個体も疑いましたが、脛節が赤色でないところからしてオキナワアオジョウカイで違いないようです。実際画像比較してみても両者は体形が異なります。でも地質学上は嘉手納町までがやんばるになるそうなので、やはり後者は”やんばる固有種”なのでしょうか。。悩ましいところ。。とりあえず年内に出現するジョウカイボン科の昆虫はコンプリート撮影できました。狙ってもいませんでしたが。。

< OLYMPUS E-30/SIGMA 105mm MACRO F2.8 EX DG /STF-22 Twinflash >
[PR]

by kumaken0820K | 2014-03-31 20:38 | 昆虫類
頭の黄色いアマミタカチホ
b0192746_04163474.jpg
[ 沖縄県国頭村 2014年3月 ]

沖縄本島に生息する蛇で最も遭遇頻度が低いのがアマミタカチホです。艶を帯びた紫色を纏った美しい蛇で、毒はなく、極めて温厚な性格です。なので素手で捕まえても咬みつくことはしません。
何故か僕は旅行で沖縄を訪れていた時から必ず一度は遭遇していて、その後も沖縄生活で度々見ていたので何かと縁のある種でした。今まで遭遇していたのは皆若い個体でミミズと間違えるほど小ぶりなものが多かったのですが、今回遭遇した個体はおよそ40センチを超える特大サイズ。しかも頭全体が黄色を帯びた珍しい体色パターンでした。ただでさえ珍品なのにそれをさらに上回るド珍品に遭遇したわけです。これはなんだかイイことがありそうだぞと思ったら、案の定その後ハブに遭遇でき、翌日はガラスヒバアの特大個体に出会ったりと、蛇三昧でした。
b0192746_04173568.jpg


< OLYMPUS E-3/ ZUIKO DIGITAL ED14-54mm F2.8-3.5/STF-22 Twinflash+FL-36R >
[PR]

by kumaken0820K | 2014-03-30 04:31 | 爬虫類
ジョウカイボンの一種 その4
b0192746_11021488.jpg
[  沖縄県国頭村 2014年3月 ]

何故か今年はジョウカイボン科にハマッています。沖縄本島で現在正式に和名が与えられているジョウカイボンは僅かなようで、僕の知る限りでは4種だけ。この茶色いジョウカイボンは大きさも1cm内外とこの科では大型の部類ですが、正式な和名は何処を探してもありません。本州のマルムネジョウカイと姿が似ているので、そのうちオキナワもしくはリュウキュウという名を冠した名が与えられるのでしょうか。このようにヤンバルでは良く見かける種類なのにも関わらず未だ名前のないものがいくつもいます。それは特に中小型の甲虫類に多い気がします。

< OLYMPUS E-3/ SIGMA 105mm MACRO F2.8 EX DG / STF-22 Twinflash >

[PR]

by kumaken0820K | 2014-03-29 21:57 | 昆虫類
オキナワアオジョウカイの飛翔
b0192746_22242902.jpg
[  沖縄県国頭村 2014年3月 ]

普段昆虫の行動を撮影することはありませんが、各昆虫の行動を観察しているうちオキナワアオジョウカイは羽を開いて飛び立つまでに時間がかかることが分かったので、トライしてみることにしました。ですが、暗がりでの撮影だったのでISO感度を上げた結果ノイズが処理しきれないほどの画質になってしまいました。構図的には申し分ない(自分的)のですが、悔しいところです。。

< OLYMPUS E-3/SIGMA 105mm MACRO F2.8 EX DG/STF-22 Twinflash >

[PR]

by kumaken0820K | 2014-03-28 21:22 | 昆虫類
クロセセリ 2014
b0192746_08513609.jpg
[ 沖縄県国頭村 2014年3月 ]

クロセセリは個体数は多いのですが、なかなか思い通りのカットを撮れなかった被写体です。このモノトーンカラーは日中の日差しの強い場所で撮影すると、黒い影のように写ってしまうのです。で、露出補正をプラス側に設定すると今度は背景が白トビをおこしてしまい、思うようにいきません。そんなふうに設定をあれこれとしている間に逃げられてしまいます。今回は理想の構図 ”新鮮個体、羽を半開きの状態で羽の表側、裏側の模様を写し、体色の微妙なコントラストを自然光に近いライティングで浮き上がらせる” ことができ、やっとほっとできた1枚を納めることができました。ほぼ自己満の領域ですが、常に理想の写真を探求する心構えは大事ですね。

< OLYMPUS E-3/ SIGMA 105mm MACRO F2.8 EX DG /内蔵ストロボ >

[PR]

by kumaken0820K | 2014-03-28 09:09 | 昆虫類
ガラスヒバア 2014
b0192746_20031197.jpg
b0192746_20040827.jpg
[ 沖縄県国頭村 2014年3月 ]

< OLYMPUS E-3/ ZUIKO DIGITAL ED14-54mm F2.8-3.5/ STF-22 Twinflash+FL-36R >

[PR]

by kumaken0820K | 2014-03-27 20:06 | 爬虫類
アマミオオメコバネジョウカイ 2014
b0192746_10112227.jpg
[ 沖縄県国頭村 2014年3月 ]

アマミオオメコバネジョウカイはよくエゴノキの葉裏に集団でいる姿を目にします。たいへん起用に飛び、葉裏から飛び立ってはまた葉の裏に着地することが出来るのです。
また本種はジョウカイボン科の昆虫のなかで特異な姿をしています。甲虫類の特徴である羽の硬い部分(鞘羽)が腹部の1/3しかなく、飛翔用の羽(後翅)がむき出しになっているのです。これは逃走時に重い鞘羽を省略化することでより身軽にしたということなのでしょうか。体長1cm以下のたいへん小さな甲虫ですが、その体の構造には目を見張るものがあります。

< OLYMPUS OM-D EM-5/M.ZUIKO DIGITAL ED60mm F2.8/FL-300R+ディフューザー/デジタルテレコンモード >

[PR]

by kumaken0820K | 2014-03-27 10:27 | 昆虫類
亜熱帯の森の王者 ハブ 2014
b0192746_01080089.jpg
b0192746_01084766.jpg
b0192746_01092917.jpg

[ 沖縄県国頭村 2014年3月 ]

2泊3日のやんばる撮影から戻りました。今年のハナカミキリ撮影はまたしても敗北に終わりましたが、夜間撮影でハブに遭遇でき、念願の自然環境下での3灯ストロボ撮影をすることができました。真夜の渓流で単独でのトライ。途中ハブに猛攻を受け、全て的は外れたものの、ストロボのシンクロコードに噛み付かれ、一歩間違えばあわや惨事でした。とはいえ5年にわたりハブを撮影し、ようやくその動きが掴めて来たように思います。ですがやんばるの生態系の頂点に君臨する王者の勇ましさを伝えるには何かまだ足りません。。

< OLYMPUS E-3/ ZUIKO DIGITAL ED14-54mm F2.8-3.5/STF-22 Twinflash+FL-36R >


[PR]

by kumaken0820K | 2014-03-27 01:13 | 爬虫類
アカハネムシの?
b0192746_08361814.jpg
雄?

[ 沖縄県大宜味村 2014年3月 ]

b0192746_08205833.jpg
雌?

[ 沖縄県国頭村 2014年3月 ]

オキナワアオジョウカイに続きアカハネムシの一種も例年どおり2月後半から出現しています。最近気付いたのは触角が枝分れするタイプとそうでないタイプがいること。これは種による違いなのか、雌雄の違いなのでしょうか。春先に出る昆虫ではメジャーな存在(昆虫写真家の間だけ?)ですが、未だ生態がよく解っていない部分の多い昆虫です。交尾行動をとる個体を撮影すればはっきりするとは思います。

< OLYMPUS E-3/ SIGMA 105mm MACRO F2.8 EX DG /STF-22 Twinflash >

[PR]

by kumaken0820K | 2014-03-23 08:53 | 昆虫類
ヨコバイの一種?
b0192746_22591796.jpg
[ 沖縄県大宜味村 2014年3月 ]

ツワブキの葉の上にヨコバイの仲間と思われる昆虫を見つけました。体長は8ミリほどでしょうか。この仲間にしては大きい部類です。僕のお気に入りの昆虫ヒラタミミズクやコミミズクにも似ていて、両者の特徴を併せ持っているような姿でした。
一体コヤツの正体は何なのでしょう。。

< OLYMPUS E-3/ SIGMA 105mm MACRO F2.8 EX DG /STF-22 Twinflash >
[PR]

by kumaken0820k | 2014-03-22 23:23 | 昆虫類