沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

近所の昆虫たち
今日は休日だったので、久々に近所の森を散歩してみました。
ときおり小雨のパラつくあいにくの天気でしたが、春に向け昆虫たちの活動は少しずつ活発になってきているようです。 ( 写真家 湊 和雄様よりコメントを頂き、3枚目・5枚目の昆虫の種名が判りました。この度もご教授頂きありがとうございました。)

b0192746_1656489.jpg

ニジュウヤホシテントウ
b0192746_16574234.jpg

ハチの一種
b0192746_16583869.jpg

クロモンカギバ

b0192746_16593782.jpg

キボシカミキリ 沖縄亜種

b0192746_20313626.jpg

コシロモンドクガの幼虫

b0192746_20323557.jpg

モンシロチョウ今帰仁村 2012年2月

<OLYMPUS E-3/SIGMA 105mm Macro EX DG F2.8/絞り優先AE>
[PR]

by kumaken0820K | 2012-02-28 21:50 | 昆虫類
女神の名を冠した沢蟹 アマミミナミサワガニ
b0192746_19135492.jpg

徳之島 2011年7月

以前の記事でも何度か触れていますが、僕はどういうわけかサワガニというカニに興味があります。サワガニとはカニの仲間では珍しく、一生を淡水で過ごす純淡水産のカニで、南西諸島では先島諸島、沖縄諸島、奄美群島で固有種が10種以上記録されています。しかし本州では1種類だけ生息しているだけです。本州のサワガニは度々子供向けの生き物図鑑でも登場しますが、離島に生息しているものは専門的な図鑑ですら紹介されることもなく、またネット上でも文献が僅かしかありません。なので撮影してみたいと思っても、生息環境に関する情報を探すのには一苦労です。写真は去年の奄美、徳之島の旅で出会ったアマミミナミサワガニ (Amamiku amamensis) です。当時は沖縄島北部で割合よく出会うオキナワミナミサワガニの亜種であろうと思い、それほど真面目に撮影していませんでした。しかし先日このサワガニについて書かれている興味深い文献をネットで見つけてからは後悔の念に駆られました。なんとアマミミナミサワガニはオキナワミナミサワガニとは全くの別種で、属まで違うと書かれているのです。さらに詳しく調べると、前者はAmamiku属にという新たに新設されたグループに属していて、その属名「アマミク」とは沖縄、奄美地方を創造した伝説の女神から名づけられたのだそうです。属名だけ聞くと、壮麗なイメージですが、実際の姿、形は写真で見るとおりかなり地味です。また南西諸島のAmamiku属のサワガニは1種だけではなく、沖縄諸島の渡嘉敷島にもカクレサワガニ(Amamiku occulta Naruse)が生息しているようです。何故奄美群島と渡嘉敷島の間にある沖縄本島にはこの属が生息しないのか不思議に思いますが、アマミミナミサワガニも最初はミナミサワガニ属と同属だと思われていたそうなので、もしかしたら沖縄本島でも近い将来それまでオキナワミナミサワガニの若齢個体かなにかと思われていたのが、違う種として発見されるかもしれません。これ以上書くと疲れると思うので、この辺で(苦笑)

とにかくこの記事を見つけたことでまた新たにサワガニに対する興味が深まったように思います。やはりこのサワガニの世界はあまりスポットライトが当たらない分奥が深いようです。


関連の記事「奄美のサワガニは新属 伝説の女神にちなみ命名」↓
http://mimizun.com/log/2ch/scienceplus/1099879458/

<OLYMPUS E-3/ZUIKO DIGITAL ED50 Macro F2.0+EC-14 Teleconverter/STF-22 Twin Flash/絞り優先AE>
[PR]

by kumaken0820K | 2012-02-27 20:04 | 甲殻類
またまたアオガエル
b0192746_2322146.jpg

今帰仁村 2012年2月

昨日の晩小雨降りしきる中、お気に入りのジュースがある自販機へ散歩がてら歩いてみることに。途中何かに出会うかもしれないのでコンパクトデジカメも持っていきました。自宅アパート近辺の畑や側溝では元気いっぱいのカエル達の合唱が響き渡ります。道路にカエルが出てきていることもあるので、注意深く道路の端をライトで照らしながら歩いていると。。。オキナワアオガエルのペアに遭遇しました。我が家から50メートルほどのところでした。それからも次々とペアまたは単独でいる個体に遭遇。少なくとも7匹近くはいたと思います。この前わざわざ本部まで撮影しに行くことなかったなあと思いながら、しばらく観察していました。それにしてもこれだけのカエルがいながら捕食者のヒメハブなどの蛇には全く遭遇しません。やはり地元の方の言うとおり今帰仁村は蛇が少なくなっているようです。

<RICOH CX5>
[PR]

by kumaken0820K | 2012-02-26 23:43 | 両生類
オキナワアオガエル
b0192746_1361013.jpg

本部町 2012年2月

今日で沖縄生活まる三年が経ちました。故郷横浜を旅立つ前はかなり意気込んでいましたが、いざ移り住んでみると、慣れない土地での生活にとても不安を感じていました。でも今はそれが嘘だったかのようにすっかり馴染んでいます。昨夜はその沖縄での生活を始めて初の生き物撮影をした本部町の集落へ行ってみました。フクギ並木に囲まれた空き地の貯水槽では、あの頃と変わらずオキナワアオガエルの声が響き渡っていました。

b0192746_157284.jpg


<OLYMPUS E-510/ZUIKO DIGITAL ED14-54 F2.8-3.5/FL-BKM3+FL-36R×2+内臓ストロボ+ディフューザー/絞り優先AE>
[PR]

by kumaken0820K | 2012-02-23 11:40 | 両生類
去年のカエル写真
最近は昼夜問わず全く撮影に行っていないので、またまた去年の写真です。撮影日はだいたい今頃だったかと思います。去年はなかなか寒さが和らがず、どの撮影地でも震えながら撮影していたような気がします。


b0192746_3203695.jpg

ナミエガエル  国頭村 2011年2月 沖縄県指定天然記念物のカエル。その大きな体から一見鈍そうに見えますが、危険を察知すると意外なほど素早く逃げます。このときは寒さのせいか全然逃げる気配がありませんでした。


b0192746_3212420.jpg

シロアゴガエル 本部町 2011年2月  米軍の物資に紛れて東南アジアから侵入してきた外来種のカエル。本部半島では馴染みの顔ぶれです。

<1枚目:OLYMPUS E-3 /ZUIKO DIGITAL ED14-54mm F2.8-3.5/内臓ストロボ+Kenko 影とり/絞り優先AE>

<2枚目:OLYMPUS E-510 /SIGMA 105mm Macro F2.8 EX DG /FL-50 Electoronic Flash マニュアル発光  /絞り優先AE>
[PR]

by kumaken0820K | 2012-02-21 23:45 | 両生類
自宅にやって来る昆虫 その6
b0192746_2304797.jpg

今帰仁村 2012年2月

先日友人が我が家に訪ねて来たときのことです。部屋に荷物を運び込むため戸を開けっ放しにしていたら、部屋の灯に誘われて、ブィ~ンという羽音と共に思わぬ客が迷い込んできました。正体は1センチほどの地味なカミキリムシ。まさかこんな時期にいるとは思わなかったので驚きです。図鑑で調べたら、ワモンサビカミキリという小型種のようでした。分布は本州西部から四国、九州、琉球列島だそうなので、僕の故郷神奈川県には生息していないようです。
今回は最近の昆虫図鑑などでよく見られるスタジオ撮影っぽい方法で撮影してみました。見よう見まねで撮ってみましたが、自分のはやっぱりなんか物足りません。もうちょっと勉強して再度挑戦してみようかと思います。

b0192746_23253165.jpg




<OLYMPUS E-510/ZUIKO DIGITAL ED50mm Macro F2.0+EC-14 Teleconverter/STF-22 Twin Flash+FL-36R×1灯/コピー用紙×2枚/絞り優先AE>
[PR]

by kumaken0820K | 2012-02-20 23:15 | 生き物目録
ここ数日のできごと
b0192746_23401853.jpg

本部町 2012年2月

ご無沙汰しております。15日から18日の間本土から久々に友人が遊びに来ていたので、そのガイドで忙しく更新を休んでおりました。4日間運転しっぱなしのハードスケジュールでしたが、なんとか沖縄本島の主要ス観光ポット(自分的)を案内できました。これからまた仕事が忙しいのでフィールドへ出かけられませんが、寒い日がここのところ続いているので、ちょうど良いかもしれません。

b0192746_23533232.jpg

本部町美ら海水族館にて

b0192746_2353256.jpg

うるま市伊計島にて

b0192746_2354249.jpg

国頭村辺戸岬にて

b0192746_23552224.jpg

東村慶佐次にて

<RICHO CX5>


[PR]

by kumaken0820K | 2012-02-20 00:06 | 日常
2月の海岸の風景
b0192746_964797.jpg

名護市 2012年2月

今日の沖縄の天気は予報だと曇りのち晴れ、日中は19度まで上るそうなので、休日ながら早起きして天候回復を待っていますが、北部はちょっと時間がかかりそうです。写真は先日やんばるへ向かう途中名護市の源河あたりで撮った写真です。この日は風も弱く、海が荒れてなかったので沖縄らしい海が拝めました。今日もこんな感じで晴れてくれるよう期待しています。

<RICOH CX5>


[PR]

by kumaken0820K | 2012-02-12 09:16 | 風景写真
久々のヤンバル
b0192746_22433693.jpg

ホソヒラタアブ  国頭村 2012年2月

今日は気温が高く晴れていたので、2月に入って初のヤンバルへ。道端のセンダングサやオニタビラコの花ではミツバチやチョウなどが活発でしたが、まだ甲虫類は姿を現しておらず、まずまずといった感じです。
また林の中を歩いている最中、日中だというのに、道の上を横切るハブの大型個体に遭遇しました。あまりに予想外だったので、カメラの準備が間に合わず、こちらはすぐ逃げられてしまいました。

b0192746_2243182.jpg

ジョロウグモ
b0192746_22442659.jpg

ダルマウンカ
b0192746_225724.jpg

ブレまくりのハブ
<1枚目:OLYMPUS E-510/SIGMA 105mm Macro EX DG/絞り優先AE>

<2・4枚目:OLYMPUS E-510/SIGMA 105mm Macro EX DG/FL-36R×1灯/絞り優先AE>

<3枚目::OLYMPUS E-510/ZUIKO DIGITAL ED50 Macro F2.0+EC-14 Teleconverter /FL-36R×1灯/絞り優先AE>
[PR]

by kumaken0820K | 2012-02-10 23:07 | 昆虫類
日本最大の沢蟹 オキナワオオサワガニ
b0192746_0381193.jpg

国頭村 2009年5月

オキナワオオサワガニは甲幅が5センチ程にもなる国内最大級のサワガニで、雄の巨大な鋏は本土に生息するサワガニの成体1匹分に相当します。よくオカガニ(オカガニ科)と見間違われますが、オカガニが海からほど近い林や丘陵地に生息するのに対し、本種は山間の湿地や石灰岩地帯に生息している、甲羅が淡い褐色をしているなどで区別できます。
以前は沖縄本島とその周辺の島々(渡嘉敷島、伊平屋島、久米島)に生息しているものを同種として扱っていたようですが、つい最近僅かな体の構造の違いなどから各島々のオオサワガニを全て別種にしたそうです。
最大個体にまで成長するものはなかなか少ないようで、林道や湿地で出会うのは他のサワガニと見間違えるくらいの若い個体がほとんどです。写真は2年半前に林道で遭遇した立派な雄個体で、これ以降何度か本種を見かけていますが、この個体と同じくらいのものには未だ出会えていません。

b0192746_182447.jpg

背面

b0192746_191451.jpg

甲幅2cmほどの若令個体。仔ガニでも分厚い甲羅と長い歩脚が特徴です。 国頭村 2009年12月


<1枚目:OLYMPUS E-510/ZUIKO DIGITAL ED50mm Macro+EC-14 Teleconverter/FL-50 Electoronic Flash TTLオート発光/絞り優先AE>
<2枚目:OLYMPUS E-3/ZUIKO DIGITAL ED50mm Macro+EC-14 Teleconverter/FL-50 Electoronic Flash TTLオート発光/絞り優先AE>
[PR]

by kumaken0820K | 2012-02-10 01:12 | 甲殻類