沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:生き物目録( 28 )

2015年の初撮り
b0192746_00254542.jpg
b0192746_00264113.jpg

b0192746_00260347.jpg
b0192746_00262140.jpg
[ 沖縄県大宜味村 2015年1月 ]

<1・2枚目: Nikon D7100/ Tamron SP 70-300mm F4-5.6 VC USD / ×1.3 クロップモード /トリミング>

<3・4枚目: Nikon D7100/ Tamron SP 90mm F2.8 Di Macro 272EN /内蔵ストロボ+ディフューザー+SB-600 >


[PR]

by kumaken0820K | 2015-01-04 00:30 | 生き物目録
手持ちレンズ史上最重量 超望遠1000mm相当に苦戦
b0192746_21475597.jpg
イジュ

b0192746_21465925.jpg
ベニトンボ♀
b0192746_21472593.jpg
モンシロチョウ

[ 沖縄県名護市 2014年4月 ]

SIGMA  50-500mm F4-6.3 APO DG フォーサーズマウントを導入しました。この望遠レンズはOLYMPUSの主力となっていた一眼レフカメラEシリーズの衰退とともに廃盤となっていたレンズのようで探すのには少々時間がかかりました。とにかく重量がとてつもなく、従来使っていたレンズで一番重かったZUIKO DIGITAL ED50-200(旧)を遥かに上回っています。さっそくフィールドへ持ち出しましたが、持っても、背負っても重さがド級なので、もう体がガタガタです。。野鳥の撮影を目的として購入しましたが、その初陣はあいにくの小雨混じる曇天。仕方なくほかの被写体を探すことにしました。最望遠側での画質が少々甘くなる欠点はあるものの、樹冠に咲く花、チョウや中型のトンボ程度の撮影なら実用域の画質を確保できそうです。問題は手振れの原因となるレンズ重量に耐える腕力をいかにして鍛え上げるかというところ。 あとはメインターゲットの野鳥の撮影ですが、そもそも未開拓のジャンルなのでまだ右も左もわからない状態。アプローチのコツや探索の際のフットワークを掴むにはどれくらいの年月がかかるでしょうか。。なんだかんだいろいろと考えさせられるレンズです。
 

< OLYMPUS E-3/SIGMA 50-500mm F4-6.3 APO DG >

[PR]

by kumaken0820K | 2014-05-01 21:48 | 生き物目録
まだまだ寒いですが
b0192746_13021986.jpg
ハゼノキの紅葉   Toxicodendron succedaneum
b0192746_13280369.jpg
フタテンツノカメムシ  Elasmucha nipponica
b0192746_13004203.jpg

スジイリコカマキリ Statillia sp.
b0192746_13041137.jpg
オキナワスズムシソウ  Strobilanthes tashiroi 

b0192746_13401581.jpg
ゴミムシの一種

[ 沖縄県国頭村 2014年1月 ]

<1枚目:OLYMPUS E-3/ZUIKO DIGITAL ED50-200mm F2.8-3.5>

<2・3枚目:OLYMPUS E-3/ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO+EC-14 Teleconverter/STF-22 Twinflash>

<4枚目:OLYMPUS E-3/ZUIKO DIGITAL ED14-54mm F2.8-3.5>

<5枚目:OLYMPUS E-3/SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG/STF-22 Twinflash>

[PR]

by kumaken0820K | 2014-01-14 13:10 | 生き物目録
絶望的な状況下で見たもの
b0192746_20062166.jpg

b0192746_20071763.jpg

[ 沖縄県国頭村 2014年1月 ]

最近ヤンバル(沖縄島北部)通い中毒の禁断症状が出始めたので、昨晩は翌日が朝から仕事なのにも関わらず、国頭村(くにがみそん)の最北エリアまで、自宅から片道48キロの道のりを悴みながらバイクを走らせました。この時期のターゲットは渓流性のカエル。非常に短い期間で、渓流での集団繁殖行動を終えてしまうので、毎回運任せでポイントへ行きますが、ドンピシャでもあればボウズということもあり得ます。今年度の冬季は週1日しか休日がないので、リスクは普段の倍。案の定昨夜はリスクを侵した割りにはカエルは惨敗でした。その代わり沖縄県指定天然記念物のイボイモリたちの活動が活発で一晩で渓流、林道で6個体に遭遇。撮りたいときに限ってぜんぜんいない彼らですが、案外こういう絶望的なときにひょこひょこ出てきて楽しませてくれるイイ生き物です。最後の写真は初めて見た交尾中のガラスヒバア(蛇)。雌雄で顔つきに違いがあるというのは初めて知りました。現地滞在時間は2時間。なんとか日付が変わる5分前に帰宅し、シャワー浴びて即行寝ました。それ故朝の寝癖はそれはもうヒドイものでした
b0192746_20083869.jpg
交尾中のガラスヒバア

<OLYMPUS E-3/ZUIKO DIGITAL ED14-54mm F2.8-3.5/STF-22 Twinflash+FL-36R>


[PR]

by kumaken0820K | 2014-01-05 20:14 | 生き物目録
魚露目三昧
b0192746_11112415.jpg
オキナワモリバッタ
b0192746_11123838.jpg
シリケンイモリ

[ 沖縄県東村 2013年12月 ]


< OLYMPUS OM-D EM-5/M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mm F3.5-5.6+Fit 魚露目8号/FL-300R>
[PR]

by kumaken0820K | 2013-12-18 11:37 | 生き物目録
ヤンバルクイナとハブ
b0192746_148538.jpg

ヤンバルクイナ

b0192746_1472938.jpg

ハブ(沖縄本島)

沖縄県国頭村 2013年3月

だいぶ更新が途絶えていましたが、僕は生きてます(笑)。昨日、一昨日は台湾から友人達が来沖したので、ヤンバルを案内していました。彼らは生き物を探すのが上手で、たったの2晩でイシカワガエル、イボイモリにヤンバルクイナ、ハブ、オキナワオオトラフハナムグリの雌と普段一人のヤンバル入りではなかなか遭遇できない生き物達に出会うことができました。ハブの写真は彼らが捕獲したのを撮らせてもらいました。おかげさまで満足いく写真が撮れました。

明日NHK Eテレ の番組 『モリゾー、キッコロの森へ行こうよ』の1部で僕の撮影した昆虫の写真が放送されます。(カミキリムシ、チョウ、バッタその他)

詳細は以下のとおりです↓ 
「ソングSP 歌おう!命の息吹 森の音楽会」
Eテレでの放送になります。3月21日(木)午後3時45分~です
(アオドウガネ、ハンミョウ、ゴマダラチョウ、トノサマバッタの写真)

・「ダンスSP 緊急スカウト! 森のカラフルダンサー 大集結!」
3月23日(土)7時15分~Eテレ (再放送29日(木)午後3時45分~)

今回このような機会を下さったナチュラリスト 山田陽治様とNHK番組関係者の方々に感謝致します

<1枚目:OLYMPUS E-3/ZUIKO DIGITAL ED14-54mm F2.8-3.5/内蔵ストロボ+ディフューザー+FL-36R>
<2枚目:OLYMPUS E-3/ZUIKO DIGITAL ED50-200mm F2.8-3.5+EC-14 Teleconverter/FL-36R>
[PR]

by kumaken0820K | 2013-03-20 02:00 | 生き物目録
今年初のヤンバル歩き
b0192746_20135124.jpg



昨日は今年初のヤンバルのフィールドを探索してきました。
目標は日本一美しいと言われているあの生き物ですが、昼夜問わず渓流で彼らの”ヒュオーン♪”という独特の鳴き声が聞こえるものの、沢が深くて降りられなかったり、接近すると鳴き止んでしまったりと、結局その姿を撮影することはできませんでした。渓流に彼らの姿が出揃うのはまだ早いのかもしれないので、1ヶ月後にまた出直そうかと思います。

b0192746_10275798.jpg

彼らが潜んでいるポイント。 夜間は3匹鳴いていました。


b0192746_103037.jpg

ザトウムシの一種


b0192746_10293653.jpg

 ガガンボの一種

b0192746_20302443.jpg

シリケンイモリ


b0192746_10505155.jpg

リュウキュウアカガエル

沖縄県国頭村 2013年1月

<1・2・5枚目:OLYMPUS E-510/ZUIKO DIGITAL ED11-22mm F2.8-3.5>
<3・4・6枚目:OLYMPUS OM-D EM-5/M.ZUIKO DIGITAL ED60mm F2.8 MACRO/FL-LM2+FL-36R>
[PR]

by kumaken0820K | 2013-01-16 21:13 | 生き物目録
小春日和だったあの日
年末年始の連勤が終わり、束の間の休日を過ごしているわけですが、あいにく今日の沖縄本島は雨。オマケに北風の強い最悪のコンディションです。原付しか移動手段がないので、こんな日は仕方なくお家でじっとしています。
さて写真は昨年のクリスマスの日中に撮影したものです。この日は昼間の気温が24度まで上がり、夜間も暖かでした。こんな日は虫たちも元気に顔を出し、バッタやらトカゲ、しまいには蝶の仲間のジャコウアゲハやリュウキュウアサギマダラまでもが飛び交っていました。彼らは今頃どうしていることでしょうか。


b0192746_12215791.jpg

日光浴中のジャコウアゲハ

b0192746_2151489.jpg
オキナワヤマタカマイマイ ?

b0192746_12344240.jpg

クワズイモの茎の隙間から顔出すアオカナヘビ

沖縄県東村 2012年12月

<OLYMPUS OM-D EM-5/M.ZUIKO DIGITAL ED60mm F2.8 MACRO/FL-LM2>
[PR]

by kumaken0820K | 2013-01-05 12:38 | 生き物目録
秋の深まったヤンバルにて
昨日は昼間からヤンバル(=沖縄本島北部)の林道へ。特に何かお目当ての生き物を撮影する訳でもなく、何か良い被写体がいれば撮るような感じで、のんびりと林道を走りました。やはり沖縄も10月半ばともなると秋の陽気で、日陰に入るとひんやりとした空気に身震いします。先週襲来した台風の運んだ潮風の影響で山の草木が枯れてしまっているので、本州の秋の風景と何ら変わりなく見えます。いつになればこの木達が葉つけてを復帰するのか、枯れた山肌を見下ろす度心配でなりません。おそらく生き物達の生活にも影響が出てくるのでしょうね。

b0192746_20532626.jpg

リュウキュウアサギマダラ
沖縄を含め南西諸島では定番のマダラチョウの仲間。数は多いのですが、僕にはなかなか思い通りの構図で撮れない手ごわい相手です。

b0192746_2054267.jpg


b0192746_2055335.jpg


リュウキュウヤマガメ
何故か倒木の上にいました。日光浴でもしてたのでしょうか。僕の影に驚いてスダジイの木の根元に逃げ込んでしまいました。この個体は目がパッチリしていてなかなか愛嬌のある表情をしていました。

b0192746_20565740.jpg

オキナワマルバネクワガタ♂
今シーズンでは最後に見る個体でしょうか。元気に歩く姿からまだまだ生きそうですが、発生時期も残り僅か。なんとか寿命までに繁殖相手を見つけてほしいものです。

b0192746_21354526.jpg

サキシマフヨウ
この花が咲き始めると沖縄も秋が深まったなあと感じます。普段は虫食いで葉がボロボロになっているものが殆どですが、今シーズンは台風で害虫が飛ばされたのか、葉の形をとどめているものが目立ちました。

沖縄県国頭村 2012年10月

<1枚目:OLYMPUS E-510/SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG>
<2・3枚目:OLYMPUS E-510/ZUIKO DIGITAL ED14-54mm F2.8-3.5>
<4枚目:OLYMPUS E-330/ZUIKO DIGITAL ED8mm F3.5 Fish eye+EC-14 Teleconverter>

<5枚目:OLYMPUS E-330/ZUIKO DIGTAL ED14-54mm F2.8-3.5>
[PR]

by kumaken0820K | 2012-10-11 21:26 | 生き物目録
自宅にやって来る昆虫 その8 ギンヤンマ
b0192746_20574277.jpg


b0192746_20582446.jpg


沖縄県今帰仁村 2012年10月

もうすっかりご無沙汰だった”自宅にやって来る昆虫”シリーズ。第8回目は昨夜灯に誘われて家に迷い込んできた意外な珍客です。最初はバシバシッと窓にぶつかる音を聞いて、この時期沖縄で多くなるオオシマゼミが飛来したのかと思ったのですが、窓を開けて飛び込んできたのはなんと大きなトンボ。一瞬緑色の体色がちらりと見えたのでカトリヤンマかなと思ったのですが、よく見るとギンヤンマの雌でした。なんか今年はこのトンボと縁があるようです。本州では殆ど姿が見られなくなる種類ですが、こちらでは11月頃まで夏場と変わらず、元気に飛び回っているようです。一応夜はヤモリに襲われるといけないので、部屋の中で過ごして貰い、今日の朝ベランダから元気に飛び立っていきました。

<RICOH GR DIGITALⅡ>

自然・生物
[PR]

by kumaken0820K | 2012-10-09 21:14 | 生き物目録