沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:フィールド探索記録( 2 )

OLYMPUS TG-2 導入
b0192746_11591368.jpg
OLYMPUS TG-2 Black
b0192746_11551975.jpg
ヒカンザクラ
b0192746_11560557.jpg
クモヘリカメムシ
b0192746_11563998.jpg
マルバルリミノキの実
b0192746_11571615.jpg
アオノクマタケランの実
b0192746_11580855.jpg
サカモトサワガニ

[ 沖縄県国頭村 2014年1月 ]

遅ればせながらサブで使うコンパクトデジタルカメラにTG-2を導入しました。それまでRICOH CX5を使用していましたが、僕のフィールドワークは移動手段が常に二輪車なだけにとてもハードな状況下で行うので、急な雨天時の防水機能、転倒した際の耐衝撃機能の面から見て都合が良い機種でした。ただ問題なのはそれまでCX5で使えたフォーカスポイントを任意で決定できないこと、内蔵フラッシュ光の光量調節が利かないという制約があることです。まあ今まで3度ほどフィールドに持ち出してそこそこ意図通りの撮影ができているので、後は慣れでカバーできると思います。

<OLYMPUS TG-2>

[PR]

by kumaken0820K | 2014-01-20 12:11 | フィールド探索記録
渓流の探索
先日新たに開拓した渓流のフィールドです。林道からは約500メートル降りたところでしょうか。このあたりは地形が複雑なうえ、携帯が圏外だったので、昼間でも少々気が抜けず、常にGPSの画面を確認しながらの山歩きでした。なんせ去年は本気でやんばるのド真ん中で遭難しかけたので。。。無事入り口までたどり着き、軌跡データを見ると、往復の移動距離は1.50km。なかなか侮れないルートのようです。
この日は夜にもう一度入ってみましたが、良い環境なのにもかかわらず生き物に関してはあまり好結果は得られませんでした。ここは意外と良いポイントではないかもしれません。

b0192746_21123087.jpg

渓流へ向け尾根を下ります。

b0192746_2094330.jpg



b0192746_21133877.jpg

シダの生い茂る渓流。夜間はこういう葉のところにハブが居る場合があるので、極力通りません。

b0192746_20101559.jpg

落差5メートルほどの滝から滝つぼを見下ろします。

b0192746_20115172.jpg

サツマイナモリ?渓流に適応した植物ナガバハグマは今回みつけられず。。。


b0192746_20123799.jpg

マングース捕獲業者が使う赤いテープを目印に進みますが、たまに見失ってヒヤっとすることもあります。

b0192746_2013674.jpg

罠(トラップ)も森の中を歩く上で重要な存在です。認識票の番号とセンターの連絡先が書かれているとホっとします。あくまでも携帯の圏外でないことが前提ですが。。。

b0192746_20363331.jpg

白いキノコの生えた朽木。 自然のものを目印にすることもあります。

<OLYMPUS E-3/ZUIKO DIGITAL ED11-22mm F2.8-3.5>
[PR]

by kumaken0820K | 2013-01-30 20:59 | フィールド探索記録