沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:甲殻類( 108 )

サカモトサワガニ 徳之島産
b0192746_11281833.jpg
b0192746_11283364.jpg

[PR]

by kumaken0820K | 2017-12-07 11:28 | 甲殻類
サカモトサワガニ 沖縄島産 幼体 北部産と中部産の比較
b0192746_18081340.jpg
国頭村産

b0192746_18025111.jpg
中城村産


以前から気になっていた沖縄本島産サカモトサワガニ(Geothelphusa sakamotoanus)の地域変異。北部産の大宜味村塩屋湾以北の個体群は大体甲が扁平で額部にある段差の隆起が明瞭です。一方中南部産は甲に厚みがあり、額部の隆起が明瞭ではない傾向にあるように感じました。そして今回比較のために用いた幼体の標本を見ても甲の形状や歩脚の長さに変異があることがわかりました。



[PR]

by kumaken0820K | 2017-11-30 18:04 | 甲殻類
サカモトサワガニ 6産地 
b0192746_08433602.jpg
沖縄本島産
b0192746_08434902.jpg
徳之島産
b0192746_08440264.jpg
奄美大島中南部産

b0192746_08525518.jpg
奄美大島北部産
b0192746_08441504.jpg
加計呂麻島産
b0192746_08442798.jpg
喜界島産
b0192746_08444691.jpg
宝島産

今秋に渡った奄美群島加計呂麻島で図鑑の表記にあるサカモトサワガニの全産地の生態写真を記録しました。
場所によっては険しい地形、気象条件、滞在日数などなど捜索が難航することもありましたが、全て成熟したオス個体
を撮影することができました。このように並べてみると色や形、大きさも様々で、うち4つの産地(加計呂麻島、奄美大島北部、喜界島、宝島)は別種のような気がしてなりません。


[PR]

by kumaken0820K | 2017-11-24 08:51 | 甲殻類
オキナワオオサワガニ 名護市産
b0192746_21460563.jpg

b0192746_21462453.jpg
[ 沖縄県名護市 2017年11月 ]

本日は寒波の影響で今年初の冷え込みとなった沖縄島北部です。ここまで来るとよほど暖かい日が3日前後続かなければサワガニの野外観察は難しい季節です。写真は名護市産のオキナワオオサワガニ(Geothelphusa grandiovata )。本種は沖縄本島固有種で島内での生息地は北部へ行くほど密集し、名護市以南、本部半島では点在しています。実際このような地域では土地改良や住宅地の造成で生息域がかなり限定されており、ほとんどが僅か100メートルの範囲内に数個体が残存するような危機的な場所が多いのが現状です。名護市の個体群においても、古くからの森林伐採などにより、一時環境が破壊されたためか、生息地はかなり限定されています。僕が知る限りでは1カ所のみで、川沿いの湿地にある斜面50メートルの範囲内に10個体程度の成体が巣穴を掘って細々と暮らしています。

< OLYMPUS OM-D EM-1/M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 PRO/STF-8+FL-300R >

[PR]

by kumaken0820K | 2017-11-19 21:59 | 甲殻類
加計呂麻島産サワガニ若齢個体 3タイプ
b0192746_17333767.jpg
b0192746_17335605.jpg
b0192746_17341314.jpg

[PR]

by kumaken0820K | 2017-11-10 17:34 | 甲殻類
オキナワミナミサワガニ

b0192746_10404410.jpg


b0192746_10495479.jpg


[PR]

by kumaken0820K | 2017-11-10 10:50 | 甲殻類
リュウキュウサワガニ 奄美大島産
b0192746_16435810.jpg
b0192746_16441505.jpg
b0192746_16445390.jpg

美大島、徳之島固有種で甲幅は2センチほどの小型種。河川上流部の早瀬の転石下に棲む。沖縄諸島生息のアラモトサワガニ(Geothelphusa aramotoi)、ケラマサワガニ(Geothelphusa amagui)と同様、水中生活に依存し、陸上に出ることはほとんどない。
琉球列島で記載されているサワガニ科の中ではカクレサワガニに次いで生態写真情報の少ない種で、筆者は少ない生態情報を頼りに5回奄美大島に渡り、毎回ハブの巣くう沢条の奥深くまで潜入し、今回やっと畳1畳分ほどの中州の転石下から3匹のメスを見つけた。しかしながらオス個体をまだ得られていないので、リュウキュウサワガニの撮影は長期戦を強いられそうだ。





[PR]

by kumaken0820K | 2017-11-06 16:45 | 甲殻類
アマミミナミサワガニとカクレサワガニ 
b0192746_10520495.jpg
アマミミナミサワガニ (Amamiku amamensis )

b0192746_10481570.jpg
カクレサワガニ ( Amamiku ocuulta )

現在日本産サワガニ科(Potamidae)は4属記録されています。その一つAmamiku属のアマミミナミサワガニカクレサワガニを比較してみました。前者は奄美大島・徳之島の固有種(筆者は2017年8月 加計呂麻でも確認した)、後者は沖縄諸島渡嘉敷島の固有種です。両者の生息地奄美諸島と渡嘉敷島との間には5種類ものサワガニが記載されている沖縄本島が在りますが、何故かここではAmamiku属のサワガニ科は発見されていません。カクレサワガニが別属のトカシキミナミサワガニの仔ガニに紛れていたため、発見が遅れた経緯から沖縄本島北部でもそのうちオキナワミナミサワガニに紛れていたAmamiku属が見つかるのではないかと期待しています。

※カクレサワガニは2017年より種の保存法で希少種に指定され、現在は捕獲、譲渡、売買が禁止されている。写真は指定前の2014年に現地の宿で撮影


[PR]

by kumaken0820K | 2017-11-06 10:58 | 甲殻類
サワガニの一種 奄美大島北部産 紺色型

b0192746_20544839.jpg
b0192746_20552737.jpg



[PR]

by kumaken0820K | 2017-10-13 23:25 | 甲殻類
加計呂麻島産 サワガニ 稚ガニ
b0192746_15545475.jpg

[PR]

by kumaken0820K | 2017-10-13 15:55 | 甲殻類