沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
ガラスヒバア 2018
at 2018-01-17 21:23
瀬底島のリュウキュウアオヘビ
at 2018-01-10 23:45
謹賀新年 2018
at 2018-01-05 18:26
2017年を振り返って
at 2017-12-28 17:40
サカモトサワガニ 徳之島産
at 2017-12-07 11:28
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2012年 08月 07日 ( 1 )

中之島にて
吐噶喇列島では中之島に7泊滞在しました。列島一面積の広い島というからには見所は盛りだくさん?と思っていたのですが、意外にも人が開拓している地域が狭いので、立ち入れる場所が極僅かでした。また琉球寒山竹の竹藪が島の植物相の大半を占めているので、人里を離れるとどこも似通った情景であまり変化に富まないフィールドでした。唯一原生林らしい風景を見れた場所だったのは、南東にある旧集落跡地付近の森で、ここでは立派なガジュマルの巨木を拝むことができました。北東部にあった底なし池も最初はおおどろおどろしい雰囲気でしたが、晴れて日が射すと、水面の植物の緑が輝き、神秘的なスポットでした。

b0192746_8515131.jpg

島の北東部にそびえる山

b0192746_8521725.jpg

島内一の絶景ポイント

b0192746_925443.jpg

樹高10メートルはありそうなガジュマルの巨木 。この島の主を主張しているような迫力でした。

b0192746_9372961.jpg

琉球寒山竹に覆われた丘

b0192746_8531099.jpg

底なし池 
噴火口が起源の池で、怪魚が住む伝説があるそうです。民宿のオーナーさんにどんな怪魚なんですか?と聞いてみたら、「ナマズみたいなウナギみたいなヤツだよ」と話して下さいました。おそらく怪魚の正体はオオウナギの大型個体でしょう。

b0192746_9174211.jpg

明け方の中之島北東部にて。北の方角に見えるのは、吐噶喇列島最北の島口之島です。



<1・2・3枚目:OLYMPUS E-510/ZUIKO DIGITAL ED14-54mm F2.8-3.5>
<4枚目:RICHO CX5>




[PR]

by kumaken0820K | 2012-08-07 09:21 | 離島遠征記