沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ホルストガエル 渡嘉敷島産
b0192746_21295045.jpg
b0192746_21301652.jpg
[ 沖縄県渡嘉敷島 2017年7月 ]

渡嘉敷島のホルストガエルです。深夜のハブの巣くう急斜面、渓流域を藪漕ぎしながら探し当てました。沖縄本島北部のやんばる産と比べるとやや小型ですが、ずんぐりとした体形はやはり迫力があります。鳴き声は深夜の山間部に木霊するほどでした。おそらく渡嘉敷の個体群の画像は撮影されているものが少ないのではないのでしょうか。
沖縄周辺離島での撮影の醍醐味は、文献上で記録しかない生き物を実際にこの目で確かめて撮影すること言えるかもしれません。案外、図鑑に表記されている記録は30年ほど前など古いものが多く、実際は絶滅、または危機に瀕したものが多く、またその状況に対する対策が全くされていないところが多いというのが、この数年での沖縄周辺離島の撮影で知りました。特に深刻なのはイタチやイノシシの導入による在来生物の捕食圧のようで、慶良間諸島の阿嘉島ではイタチによる食害によって在来のトカゲモドキがほぼ絶滅に近い状況のようです。このような状況は沖縄県の離島以外でも今だ進行中で、喜界島では移入されたイタチによって島に生息する蛇のほとんどが姿を消そうとしています。大きな島の自然環境に配慮するだけでなく、こういった周辺離島の自然環境にも目を向けてもらいたいと切に願っています。

<OLYMPUS OM-D EM-1/M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO/STF-8 Twin flash+FL-300R >

[PR]

by kumaken0820K | 2017-07-21 21:31 | 両生類
<< 沖縄の斑猫 オキナワオジロサナエ♂ 渡嘉敷島産 >>