沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ハブ 渡嘉敷島産 2
b0192746_02550092.jpg
[ 沖縄県渡嘉敷島 2014年8月 ]

沖縄の離島撮影で渡嘉敷島は最も過酷で危険なフィールドでした。その理由はハブの存在です。やんばるでは一晩中森の中を歩き回っても出会うことないヘビなのに渡嘉敷島では200メートルほど渓流を遡るといたるところに1メートル後半代のがとぐろを巻いている姿を目にしました。その光景の猛々しさと言ったら思い出すだけで身震いします。なんせその個体数をやんばるのヘビに例えると普通種のヒメハブぐらいいるのですから、尋常ではありません。2度目に訪れて気付いたのですが、この島のハブの基本体色パターンは薄いレモンイエローのようです。この分かり辛い体色が乾燥した地面や倒木の上にいられると判りにくく、気付かずに誤って踏みそうになったことが何度かありました。なので夜間のフィールディングでの神経の使い方は半端ではなかったように思います。もう渡嘉敷島には渡りたくないなあとは思うのですが、まだ課題が残っているのでいずれまた行くかもしれません。

< OLYMPUS E-3/ ZUIKO DIGITAL ED14-54mm F2.8-3.5+EC-14 Teleconverter /内蔵ストロボ+FL-36R >

[PR]

by kumaken0820K | 2014-09-13 03:16 | 爬虫類
<< リュウキュウハグロトンボ♀ ジャコウアゲハ >>