沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
サカモトサワガニ 各産地比較
b0192746_23341298.jpg
b0192746_23270683.jpg
b0192746_00541213.jpg
琉球列島に生息するサワガニで一番広範囲に分布する種がサカモトサワガニ(Geothalfusa sakamotoana)です。甲幅は大きなもので4センチ強もあり、サイズ的にはやや大型の種です。沖縄本島、徳之島、奄美大島、喜界島に分布。ただ気になるのは他のサワガニが各島の固有種とされている中、彼らだけは各産地共通種という扱いになっている点。亜種レベルで分けられてもいません。でも実際に現地でその生態や細かい部分を観察してみると、各産地で別種かと思うほどに体型も色彩も変化に富んでいます。現在手元に3箇所の個体群の簡易スタジオ撮影画像があったので、比較してみました。徳之島、奄美大島産はとにかく大型で若齢個体時も比較的共通点が多いのですが、沖縄島産はやや小型で体は体高があって丸く、歩脚が短い傾向にあり、前者2匹とは全く違う種に見えました。最近沖縄本島と奄美大島ではそれまで共通種とされていたカエルや昆虫が各島の固有種として記載されるようになってきたようなので、間違いなくこのサカモトサワガニたちも例外ではないはずです。

<OLYMPUS E-3/ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5+EC-14 Teleconverter/内蔵ストロボ+ディフューザー+FL-36R×2+簡易撮影スタジオ(BOXタイプ)+蛍光灯×2>
[PR]

by kumaken0820K | 2014-01-06 01:24 | 甲殻類
<< まだまだ寒いですが 絶望的な状況下で見たもの >>