沖縄での生活とそこに息づく生き物たちの生活を綴ったブログ 許可なく当ブログの写真の使用、複写を禁じます。当ブログに関してご意見・ご感想・写真貸出等のご用名は下記アドレス宛にお願いします。ryukyum1973@yahoo.co.jp
by くま次郎
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
OLYMPUS
・E-510 ・E-3 ・E-330 ・CAMEDIA C-5050

・ZD ED 14-42 ・ZD ED 50Macro F2.0 ・ZD ED 70-300 ・ZD ED 14-54 ・SIGMA 105 Macro F2.8 ・ZD 35 Macro F3.5 ・ZD ED 50-200 F2.8 ・ ZD ED 40-150 F4.5
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
<!-- Facebook Badge START --><
その他のジャンル
Skypeボタン
最新の記事
ガラスヒバア 2018
at 2018-01-17 21:23
瀬底島のリュウキュウアオヘビ
at 2018-01-10 23:45
謹賀新年 2018
at 2018-01-05 18:26
2017年を振り返って
at 2017-12-28 17:40
サカモトサワガニ 徳之島産
at 2017-12-07 11:28
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
伊平屋島固有の沢蟹 イヘヤオオサワガニ
b0192746_20211410.jpg

沖縄県伊平屋村 2012年8月

20日から2泊3日で伊平屋島へ行ってきました。自宅のある今帰仁村からフェリーに乗って1時間20分で着く、ほぼ散歩感覚で行ける島です。今回のお目当ては伊平屋島の固有種のイヘヤオオサワガニ(Geothelphusa iheya)の撮影でした。このサワガニは、以前沖縄本島に生息するオキナワオオサワガニの亜種とされていましたが、身体の一部の構造に違いが見受けられ、いつしか独立種とされたようです。実際に現物を見るのは今回が初で、本島のオオサワガニ同様大きなカニを想像していましたが、意外にもほとんどの個体が本島産よりも一回り小ぶりでした。生息地の沢では同所でカクレイワガニやベンケイガニといった種もかなりの密度で見かけたので、もしかしたら、極めて狭い生息地でこれらのカニとの占有競争をしているうち小型化したのかもしれません。

b0192746_2338052.jpg

仔ガニを抱いた若い雌個体。母ガニ自体の大きさは小ぶりで、甲幅3センチほど。



今回は雄の個体を一眼レフで収めたかったのですが、滞在2日目に第一ポイントの沢を登る途中2度もハブに遭遇していたので、万が一攻撃を受けそうになったときに回避しやすいようにと、第二のポイントへはできるだけ軽装で行っていました。、そのため一番撮りやすい位置にいた立派な雄個体の写真はコンパクト機で撮影した上の1枚のみとなってしまいました。今更ながらとても残念なことをしてしまったと後悔しています。

<1枚目:RICOH CX5>
<2枚目:OLYMPUS E-3/ZUIKO DIGITAL ED50mm Macro F2.0+EC-14 Teleconverter/TF-22 Twin Flash>
[PR]

by kumaken0820K | 2012-08-22 20:51 | 甲殻類
<< 伊平屋島のサワガニ2種の比較 OM-DとKマウントレンズの組... >>